mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

第一号ドック、第二号ドックを実際に見学できるチャンスです!!

帆船日本丸・横浜みなと博物館では、2月24日(日)にドック見学会を実施します!横浜みなと博物館で開催中の企画展「横浜船渠 ドック物語」(会期:2月2日(土)~3月24日(日))関連事業として、第一号ドック、第二号ドックを実際に見学します。ドックの構造や役割などを知り、企画展と合わせてお楽しみいただける見学会です。一般の方がドック内部に入ることのできる貴重な機会ですので、ぜひご応募下さい。
企画展「横浜船渠 ドック物語」記念ドック見学会
■見学場所 :
(1)横浜みなと博物館企画展「横浜船渠 ドック物語」
(2)第一号ドック内(ドックの底まで見学します。帆船日本丸船体の見学はできません。)
(3)ドックヤードガーデン(第二号ドック)
■日時 :2月24日(日)  ①10:15~、12:00  ②13:30~、15:15
■対象:高校生以上
■定員:各回50名(申込者多数の場合は抽選)
■参加費 :1人500円

*申込時の注意事項
(1)企画展「横浜船渠 ドック物語」見学後に第一号ドック(ドックの底まで見学します。帆船日本丸船体の見学はできません)、第二号ドック内を見学します。
どちらかのみのご参加はできません。
(2)規定の時間内に団体行動で見学します。別の回に振替えることはできません。
(3)ドック内では高さ10メートル程度の急な階段を下ります。係の者による介助等はいたしかねます。
(4)天候、工事の進捗等により、やむを得ず見学会の内容を変更することや中止す
ることがあります。
(5)小雨決行。荒天中止です。

※申込締切 :2月18日(月)必着

申込方法 :往復はがきに、参加者全員の住所、氏名、電話番号を明記の上、
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい2-1-1
横浜みなと博物館「ドック見学会」係 までお申し込み下さい。
希望の回の指定はできません。

お問い合せ先:横浜みなと博物館
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい2-1-1
帆船日本丸記念財団・
JTBコミュニケーションデザイン共同事業体
TEL:045-221-0280
FAX:045-221-0277
http://www.nippon-maru.or.jp/

日本丸メモリアルパークにある横浜みなと博物館は、開港からおよそ150年の中で「横浜港」が積み上げてきた歴史や、横浜港の仕組と役割を紹介しています。「横浜港」をテーマにした初めての博物館です。
「歴史と暮らしのなかの横浜港」をメインテーマに、150年の歴史を紹介する「横浜港の歴史」ゾーンと、横浜港の役割をテーマ別に学べる「横浜港の再発見」ゾーンで構成された常設展示。
こどもから大人まで、横浜港のことが楽しく学べる博物館となっています。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなと博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
  • 電話
    045-221-0280
  • 営業時間
    10:00〜17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜日(祝日は開館し、翌日休館)、年末(12/29〜31)、臨時休館日
  • URL

1930(昭和5)年建造。練習帆船として54年余活躍。現在は船内の一般公開、海洋教室の開催などの事業を行なっている。隣には横浜港の歴史を楽しく学べる横浜みなと博物館を併設。

2018年11月~2019年3月末頃(予定)まで大規模修繕工事のため休館中です。

  • ショップ・スポット名
    帆船日本丸
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
  • 電話
    045-221-0280
  • 営業時間
    10:00〜17:00 ※入館は16:30まで ※月曜休み(祝日の場合は開館、翌平日休館)
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 川崎市で最も歴史のある公募展の入賞・入選作品を展示!!

    開催期間:2019.03.02〜2019.03.16
  • 能楽堂が美術館に変身! 「修羅」がテーマの山口晃展

    開催期間:2019.01.19〜2019.03.23
  • 江の島で咲き誇る2万株のウィンターチューリップ&ライトアップ

  • ぐにゅぐにゅの不思議な物体! 昨年話題のスライム展、再び開催!!

    開催期間:2019.03.21〜2019.04.07