mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「港の見えるフラワーガーデン」で春の訪れを感じて♪

(TOP画像)会場イメージ

 

13回目の開催となる『FLOWER GARDEN』は、4月に開館17周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、色とりどりの花でお祝いする春の恒例イベントです。
今年は、開港160周年を迎える横浜港と緑を一緒に楽しんでいただけるよう、「港の見えるフラワーガーデン」をテーマに、色鮮やかな草花で溢れた春らしさを演出します。

会場イメージ

 

[今年も登場!ドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」]

昨年に引き続き、花を視覚だけでなく五感を使って楽しめるよう、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」を会場内に併設。食べられる花「エディブルフラワー」を用いて見た目も華やかなフード・ドリンクを提供する他、花を用いたワーク ショップも実施します。

 

[メニュー一部]

花満開!HANABARセット(ハナマンガイ、お花のカクテル、ミートボール)
¥2,000(税込) ※画像はイメージ

 

お花のクッキー1袋(2個入り)  ¥400(税込) ※画像はイメージ

 

 

FLOWER GARDEN 2019
[日時]3月29日(金)~4月21日(日)  計24日間
[場所]横浜赤レンガ倉庫 イベント広場、赤レンガパーク
[時間]ライトアップ 18:00~23:00
【HANABAR営業時間】
平日 11:30~17:00/土日 10:30~19:00
※荒天の場合、営業を中止する場合がございます。
[料金]無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途)
[主催]横浜赤レンガ倉庫(株式会社横浜赤レンガ/公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
[協力]NPO法人横浜シティガイド協会
[TEL]045-227-2002(横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション)
[URL]https://www.yokohama-akarenga.jp/event/detail/648


[関連イベント]
FLOWER GARDEN 2019 特別連動企画 
『みなとヨコハマ開港160周年の基軸と色とりどりの花を巡ってみよう︕』ツアー

横浜港開港160周年にちなみ、開港後大きく変貌した横浜を感じることのできる歴史的な名所や観光地と、この時期しか見ることのできない桜やチューリップ、バラなど横浜の春を感じられる花の名所を巡ります。
詳細は、横浜シティガイド協会公式サイトへ!

明治、大正時代に国の模範倉庫として創建された横浜赤レンガ倉庫。当時の倉庫の面影を残し小さなお店が軒を連ねるショッピングフロアでは、横浜発の各種ブランドから横浜土産、横浜赤レンガ倉庫ならではのこだわりを持った個性あふれるショップなど、バラエティーに富んだショップが揃っています。イベント広場では季節ごとに様々なイベントが催され、1号館のホール&スペースでは演劇やコンサート、ダンスなどの公演や各種展示会を通じて横浜ならではの芸術、文化を創造、発信しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜赤レンガ倉庫
  • 住所
    神奈川県横浜市中区新港1-1-2横浜赤レンガ倉庫
  • 電話
    045-227-2002
  • 営業時間
    [1号館] 10:00〜19:00 [2号館] 11:00〜20:00 ※カフェ、レストランは店舗により異なる
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 天の川のはてをたずねて旅に出よう!

    開催期間:2019.04.01〜2019.05.31
  • 「本当の密室に閉じ込められる」リアル脱出ゲームを体験!

    開催期間:2019.02.01〜2019.02.24
  • 星空観察会で、夜空に浮かぶきれいなお月様をのぞいてみよう

    開催期間:2019.03.16
  • プロレタリア美術の先駆者として知られる矢部友衛の画業に迫る

    開催期間:2018.11.29〜2019.03.25