mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

故高津一郎の代表作「鳥になった少年」が青少年センターの舞台に

 

1983年の冬、山下公園のホームレス襲撃事件と、1944年、パプアニューギニアの、悲惨な戦争での出来事が暗い不幸の糸でつながった。二つのショッキングな傷跡が、時代を超え、場所を超えて絡み合う。南の島の密林のジャングルと横浜の高層ビルのジャングルのはざまでその糸が複雑に絡み合い、避けることのできない悲劇が一つの家族を襲う。

鳥になった少年は、満月の夜、何処へ飛び出したのだろうか・・・。戦争を知らない世代にどうしても伝えたいことがある・・・。故 高津一郎の代表作「鳥になった少年」が、青少年センターの舞台によみがえる。

 

 

神奈川県演劇連盟合同公演
高津一郎追悼公演
鳥になった少年
[日時]2月23日(土)・24日(日)
2/23(土)13:00〜/18:00
2/24(日)13:00〜
*開場は開演30分前。
[会場]神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール
[舞台監督]緑慎一郎(演劇プロデュース『螺旋階段』)
[出演]真生ハルカ(マーカス・フィルム所属)、倉田京太朗(スミコ演劇隊)、宇佐美愛咲(フリー)、劇団蒼い群、劇団河童座、劇団かに座、studio salt、虹の素、劇団横濱にゅうくりあ、プラスティックな月、まりこ☆みゅーじあむ、劇団よこはま壱座、Y.S.ペアフットシアター
[料金](全席自由)一般¥2,500(当日¥3,000)、高校生¥1,000、中学生以下¥500
[主催]神奈川県演劇連盟
[チケット販売]■神奈川演劇連盟チケットセンター TEL. 080-5659-2757(10:00〜21:00、月曜休み)
[MAIL]info@kenenren.org
[URL]http://kenenren.org/event/goudou.html

県立青少年センターは、青少年の健全な育成を図り、あわせて県民の教養の向上に資するための施設として、青少年施策の総合的な展開、舞台芸術の振興のために、次の4つの柱で事業に取り組んでいます。
1.青少年の体験活動を推進する人材の育成
2.青少年のひきこもり、不登校や非行等への対応
3.青少年の科学体験活動の促進支援
4.青少年や県民の活発な舞台芸術活動支援

 

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立青少年センター
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-1
  • 電話
    045-263-4400
  • 営業時間
    9:00〜17:00 ※青少年サポートプラザは、9:00〜21:00まで(日曜日は17:00まで)※紅葉坂ホール、スタジオHIKARI(多目的プラザ)、練習室、楽屋は(受付窓口を除き)9:00〜22:00まで 【休館日】年末年始(12/28〜1/4)※但し、青少年サポートプラザ、青少年資料室、演劇資料室は毎週月曜日も休館します。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 音楽、美術、演劇などの文化、芸術を楽しむイベント

    開催期間:2019.01.27〜2019.02.24
  • ガン・シュウガン作のバイオリンで名曲を聴く展示会リサイタル

    開催期間:2019.03.02
  • 川崎市で最も歴史のある公募展の入賞・入選作品を展示!!

    開催期間:2019.03.02〜2019.03.16
  • 魔女が暮らしに役立てる植物をイラストとともに紹介

    開催期間:2019.02.13〜2019.03.03