mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

YOKOHAMA DOCK 一大船渠建造を企つ。

横浜みなと博物館では、2/2(土)~3/24(日)の期間、企画展「横浜船渠 ドック物語」を開催します。
みなとみらい21地区に残る旧横浜船渠の2つの石造りドックは、近代横浜の港、工業、街の発展の歩みを物語る貴重な遺産です。帆船日本丸(国指定重要文化財)大規模修繕にともない、約20年ぶりに第一号ドック(国指定重要文化財)がドライアップするのを機に、ドックの歴史や果たしてきた役割を紹介します。
港横浜ならではの企画展になりますので、この貴重な機会に是非お越しください。

🚢企画展「横浜船渠 ドック物語」
会期:2019年2月2日(土)~3月24日(日)
休館日:月曜日(但し、2月11日(月・祝)は開館し翌12日(火)休館)
開館時間:10:00~17:00
入館料:一般200円、小・中・高校生・65歳以上100円
※企画展のみ見学の料金です。
横浜みなと博物館常設展示室、柳原良平アートミュージアムをご見学になる場合は、別途入館料が必要です。
※横浜みなと博物館の単館券(一般400円、65歳以上250円、小・中・高校生200円)で企画展もご覧になれます。
※毎週土曜日は小・中・高校生は単館券が100円の特別料金になります。

特別協力 横浜開港資料館、三菱重工業株式会社横浜製作所
後援 神奈川新聞社、一般社団法人横浜港振興協会、横浜市港湾局、NHK横浜放送局、tvk(テレビ神奈川)、読売新聞横浜支局、朝日新聞横浜総局、毎日新聞横浜支局

<学芸員による展示解説>
担当学芸員が、企画展「横浜船渠 ドック物語」について解説します。
日時: 2月9日(土)、3月2日(土)、3月16日(土)
各日①11:00~ ②14:00~
会場:横浜みなと博物館特別展示室
参加費:無料
※ただし、企画展または常設展示室の入館料が必要です。申込不要、当日会場へお越しください。

 

日本丸メモリアルパークにある横浜みなと博物館は、開港からおよそ150年の中で「横浜港」が積み上げてきた歴史や、横浜港の仕組と役割を紹介しています。「横浜港」をテーマにした初めての博物館です。
「歴史と暮らしのなかの横浜港」をメインテーマに、150年の歴史を紹介する「横浜港の歴史」ゾーンと、横浜港の役割をテーマ別に学べる「横浜港の再発見」ゾーンで構成された常設展示。
こどもから大人まで、横浜港のことが楽しく学べる博物館となっています。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなと博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
  • 電話
    045-221-0280
  • 営業時間
    10:00〜17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜日(祝日は開館し、翌日休館)、年末(12/29〜31)、臨時休館日
  • URL

1930(昭和5)年建造。練習帆船として54年余活躍。現在は船内の一般公開、海洋教室の開催などの事業を行なっている。隣には横浜港の歴史を楽しく学べる横浜みなと博物館を併設。

2018年11月~2019年3月末頃(予定)まで大規模修繕工事のため休館中です。

  • ショップ・スポット名
    帆船日本丸
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
  • 電話
    045-221-0280
  • 営業時間
    10:00〜17:00 ※入館は16:30まで ※月曜休み(祝日の場合は開館、翌平日休館)
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 能と狂言の祝言性が発揮された作品尽くし!

    開催期間:2019.02.24
  • アコースティックギタリスト「押尾コータロー」が関内ホールに登場!

    開催期間:2019.05.18
  • 絹や墨、岩絵の具…日本画の魅力を“色”をキーワードに探る

    開催期間:2018.11.29〜2019.03.25
  • 毎年人気のお花見御膳

    開催期間:2019.03.01