mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

前足を使って器用に食べる姿がキュートなワラビー

山岳地帯、森林地帯の低木林や湿地帯に住む夜行性の動物です。体は全体に褐色で、尾、四肢、耳、顔などに黒い模様が入っています。繁殖の時期は決まっておらず、子は一円玉くらいの重さ、大きさで生まれ、母親の持つ袋(育児のう)の中で育ちます。この袋の中にはおっぱいがついていて、成長に合わせてミルクの成分が変わります。

担当飼育員 全玲華さん「ワラビーはカンガルーの仲間です」

【さて、ここでクイズです!】

ワラビーとカンガルーの違いは?
A)袋(育児のう)の有無 B)ジャンプするかどうか C)大きさ

・・・答えはC。動物学的には違いがなく、大きいものはカンガルー、小さいものはワラビー、その間の大きさのものはワラルーと呼ばれています。

《両手で葉っぱを食べるワラビーの動画》

オグロワラビー Swamp Wallaby
●分類:双前歯目カンガルー科
●生息地:オーストラリアの東北部
●飼育下での寿命:約10年
●食性:(野生)  木の葉、草など (飼育)乾牧草、小松菜、ニンジン、サツマイモ、草食動物用ペレットなど

野毛山動物園
[入園料]無料
[時間]9:30〜16:30(最終入園は16:00まで)
[休園日]月曜日(祝日の場合は翌日)
[TEL]045-231-1307

野毛山動物園は現在、「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園 小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」をコンセプトとして、”動物への理解を深めていただく入り口”として役割を担っております。

  • ショップ・スポット名
    野毛山動物園
  • 住所
    神奈川県横浜市西区老松町63-10
  • 電話
    045-231-1307
  • 営業時間
    午前9時30分から午後4時30分(入園は午後4時まで) 定休日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日〜1月1日 ※5・10月は無休です。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • インスタ映えする写真を撮るには?

  • サラリーマンって色々あります(1)〜シーバスに乗ってウチに帰ろう

  • タワー棟から眺めるちょっと贅沢な景色

  • 野毛におしゃれなメキシカンダイナーが登場!