mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

川崎の風景を感じられる全8作品を35㎜フィルムで上映!

 

川崎市市民ミュージアムの映像ホールでは、2019年1月5日(土)から特集上映「映画における川崎の情景」を開催します。川崎はかつて存在した大船、蒲田、砧などの撮影所に囲まれて位置し、数多くのロケーション撮影の現場として利用され、多摩川沿い、新興住宅地、工場地帯などの印象的な風景が数々の名作に刻まれてきました。本特集では、川崎市内で撮影された作品を取り上げ、川崎の映画的記憶をたどります。

川崎市内で酒屋を営む森田家を舞台に、そこで繰り広げられる人間模様を描いた『この広い空のどこかに』、大島渚監督の長編デビュー作であり、大島監督の育った京都の下町をモデルに、当時住んでいた川崎や鶴見周辺でロケを行った『愛と希望の街』、川崎の町工場で働く青年たちを主人公にした青春群像ドラマ『アッシイたちの街』など、当時の川崎の風景を感じられる全8作品を35㎜フィルムで上映します。

 

《上映作品(全8作品)》
『めし』(1951年)
『おかあさん』(1952年)
『この広い空のどこかに』(1954年)
『愛と希望の街』(1959年)
『江分利満氏の優雅な生活』(1963年)
『彼女と彼』(1963年)
『この青春』(1971年)
『アッシイたちの街』(1981年)

 

 

『映像のまち・かわさき』フェスティバル2018連携
特集上映「映画における川崎の情景」
[日時]2019年1月5日(土)~2月3日(日)11:00〜/14:00〜(入替制、15分前開場)
※1/12(土)・13(日)は休映。
[会場]川崎市市民ミュージアム 1F映像ホール
[定員]各回270名
[料金](全席自由/1プログラムにつき)一般¥600、65歳以上・大高生¥500、小中学生¥400、未就学児・障がい者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料
[チケット販売]当日1F総合案内で10:00~15:00までチケットを販売(12:00~13:00は販売休止)
※前売り券はありません。満席になり次第販売を終了します。
※65歳以上・大学生・高校生・中学生の方は、いずれも証明できるもの(原本)をお持ちください。
*上映スケジュール詳細はこちらをご覧ください。

川崎市市民ミュージアムは、「都市と人間」という基本テーマを掲げて1988年11月に開館した博物館と美術館の複合文化施設です。常設・企画展や映像の定期上映を始めとして、講座やワークショップなど様々な事業を展開しています。さらに地域の皆様の文化活動に利用していただくために、ギャラリースペースや研修室など施設の貸出しを行っています。

  • ショップ・スポット名
    川崎市市民ミュージアム
  • 住所
    神奈川県川崎市中原区等々力1-2
  • 電話
    044-754-4500
  • 営業時間
    【開館時間】9:30〜17:00(入場は閉館の30分前まで) 【休館日】月曜日(休日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日の場合は開館)、年末年始
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 天体望遠鏡と星のお話を楽しもう!!

    開催期間:2019.03.02〜2019.03.20
  • 「かいけつゾロリ」と一緒に宇宙で冒険!

    開催期間:2019.01.02〜2019.03.20
  • スーパームーンを撮影する写真テクニックをご紹介!

    開催期間:2019.01.22〜2019.02.18
  • 映画史を彩る歴史絵巻の壮大な世界を辿る展覧会

    開催期間:2018.12.21〜2019.03.10