mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

【神奈川県立歴史博物館】神奈川を描いた浮世絵を多数所蔵

(TOP画像)「横浜正金銀行本店本館創建当初(1904年頃)」
*画像提供:神奈川県立歴史博物館

 

古代から現代に至る「かながわの文化と歴史」を扱う唯一の博物館です。常設展では神奈川を描いた浮世絵を常時数点ずつ展示しています。
2019年4月27日からは「横浜浮世絵」をテーマとした特別展が開催されるので、ぜひスケジュールをホームページでチェックしてみてください。
また、旧横浜正金銀行の本店として1904(明治37)年に建てられたネオ・バロック風建築物の旧館部分は、建物自体が芸術作品といえる美しさで、国の重要文化財の指定を受けています。
こちらは現在の神奈川県立歴史博物館です。シンボルである立派なドームは、残念ながら関東大震災による火災で焼け落ちてしまい、現在のドームは、保存された旧横浜正金銀行の竣工当時の写真を資料として、1967(昭和42)年に復元されたものです。
1階には、ミュージアムライブラリー、ショップ、喫茶店がある無料ゾーンが設けられています。気軽に訪れて、明治時代の雰囲気と歴史に触れてみませんか。

横浜市中区の馬車道と本町通りとの交差点に近い辺り、南仲通りと弁天通りとの間の一角に神奈川県立歴史博物館がある。旧横浜正金銀行の建物を利用したこの博物館はその堂々とした外観を見るだけでも興味深いが、博物館としての展示もかなりの充実度で、歴史に興味のある人にとっては見逃せないものだと言って良い。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立歴史博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区南仲通5-60
  • 電話
    045-201-0926
  • 営業時間
    9時30分~17時00分
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 新石器時代後期から近代までの陶磁器の美と技を堪能

    開催期間:2019.01.19〜2019.03.31
  • 魔女が暮らしに役立てる植物をイラストとともに紹介

    開催期間:2019.02.13〜2019.03.03
  • 機知とユーモアあふれる作品を創り出した堀内正和の世界

    開催期間:2018.12.08〜2019.03.24
  • 湘南を代表する江の島の冬を彩る光と色の祭典

    開催期間:2018.11.23〜2019.02.17