mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

【本牧】海は遠くなっても、今も昔も人々の憩いの場

『冨士三十六景 武蔵本牧のはな』 歌川広重(初代)
*画像提供:神奈川県立歴史博物館

 

横浜港内最大のコンテナターミナルとして知られている「本牧(ほんもく)」。かつては風光明媚な漁村で、浮世絵師・歌川広重もこの地に遊び、風景を描きました。
富士山の下に淡いピンク色で描かれている一帯は、明治まで梅林で有名だった杉田(現・磯子区)でしょうか。 船が浮かんでいる海には、1960年代ごろまで海水浴場もあったといいます。
幕末に日本を訪れたアメリカ合衆国海軍提督ペリーは、この海を「ミシシッピィベイ」と名付け、海図にも記載しました。

その後、1960年代に埋立て事業が進められ、現在は、自然の海岸線は残っていません。海はなくなってしまいましたが、屏風のように切り立った崖は「本牧市民公園」の中に残されています。

海は首都高速に阻まれ、遥か遠くになってしまいました。けれど崖の周囲はテニスコートや野球場もある緑豊かな公園として整備され、市民の憩いの場になっています。

関連記事

  • ハジ→

  • 能と狂言の祝言性が発揮された作品尽くし!

    開催期間:2019.02.24
  • 4月6日の星空観察会で、ペアの星“2重星”をのぞいてみよう

    開催期間:2019.04.06
  • 能楽堂が美術館に変身! 「修羅」がテーマの山口晃展

    開催期間:2019.01.19〜2019.03.23