mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

三溪園で日本の伝統的なお正月を体験

三溪園の創設者である原三溪の旧宅・鶴翔閣は、明治時代の末に建てられた延床面積950平方メートルを誇る広大な建物。かつて横山大観や和辻哲郎など多くの文化人が出入りしたことでも知られる。通常は非公開の内部が自由に見学できる特別な3日間。期間中は催しもあり。

 

三溪園ですごすお正月~横浜市指定有形文化財 鶴翔閣公開
[開催日]1月1日(火・祝)~3日(木) 9時00分~午後16時00分(三溪園の開園時間は9時00分~17時00分、入園は16時30分まで)
[会場]鶴翔閣
〈催し〉
1日(火・祝) 筝
2日(水) 庖丁式
3日(木) 和妻
[入園料]大人(高校生以上)¥700、こども(小・中学生)¥200
[TEL] 045-621-0635
[URL]https://www.sankeien.or.jp/index.html

関連記事

  • 小田原の歴史的建造物、清閑亭の大広間で聞く「日本舞踊の魅力」

    開催期間:2019.06.30
  • 11名編成のアンサンブルとともに贈る「四季」と珠玉の名曲集

    開催期間:2019.05.18
  • チケットはお茶とお菓子付き!神奈川フィルのモーツァルト&ハイドン

    開催期間:2019.07.07
  • 野外展示も! 小田原城とその周辺で散策しながらアートを楽しむ!

    開催期間:2019.06.01〜2019.06.28