mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

夢の中まで苺が出てくるくらい、みずみずしい苺天国に夢心地

オーナーが自ら市場で目利きして仕入れをするというこだわりのフルーツで作られるのが、『果実園リーベル』のこだわりのメニュー。そんな果実園が本気を出すと、苺のメニューもびっくりするほど苺の深い味わいが楽しめるスイーツに仕上がります。

それが、左:あまおうパフェ(2,160円)と右:あまおうのズコット(1,404円)。まずパフェの凄さは、トッピングの苺のみならず、グラスの中の苺も全てフレッシュなものを使っているところ。これがバニラアイスと生クリームと相まって、それはそれは極上の味わいが口いっぱいに広がります。ただし、3月頃までの限定商品なのでお気をつけあれ。

そして、お店の看板メニューのズコットにも注目。ズコットとは、イタリア・トスカーナ地方で誕生した丸いドーム型のスポンジケーキにカスタードクリームやアイスクリームを詰めたケーキのこと。

同店のあまおうのズコットは、どこを切っても苺・苺・苺!とにかく苺がふんだんに使われています。それでいて、しっとりとしたスポンジと甘さ控えめの生クリームが主張し過ぎることなく苺の脇を固めており、これはもうさすが!のひとことです。

フルーツのプロの見解によると、7~8割をフレッシュフルーツにするのが美味しくなるポイントなのだとか。苺のシーズンに入ると、いちごのケーキだけで7~8種類は楽しめるそう。いちごズコットといちごピスタチオは通年商品です。

みなとみらい地区では珍しく朝7:30からのモーニングから夜23:00のディナーまで営業しているので、瑞々しいフレッシュフルーツが補給したくなったときに、ふらりと立ち寄ってみては?

私たち果実園は、お客様に「常に身近に果物(フルーツ)を感じていただきたい」と思っています。
果物は特別なものではなく、生活に密着したものであると考えています。
そのため様々なこだわりがございます。
例えば、「朝の果物は金」という社内標語があり、それは「朝に果物を摂ることは身体にいいことだ!」という意味であったり、食べ物のメニューの何を注文しても、サラダにフルーツを入れたり、付け合わせにフルーツを用いたりして、常に何かしらのフルーツをお客様に食べていただくということを実践し、果実園にお越しいただく全てのお客様に、常に身近に果物(フルーツ)を感じていただけるようにしています。

  • ショップ・スポット名
    果実園リーベル
    施設の情報を見る >
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークプラザ 5F
  • 電話
    045-225-8878
  • 営業時間
    7:30~23:00(LO.22:00)
  • クレジットカード
  • 駐車場
  • テイクアウト/お弁当
  • URL

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 香味豊かな刺激へ導く辛みの貫録

  • 爽やかな甘さと香りは、そのまま食べてもハーブティーに入れても◎

  • 和と洋がおいしく融合 お箸でいただく上品な和風パスタ

  • みなとみらいのシンボリックカラー。ブルー×フードの絶妙コラボ❤