mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

物語の舞台は数千年後の未来、世界初演の『Futuristic Space』

(TOP画像)エラ・ホチルド『Futuristic Space』 Photo: yuval hidas

 

振付家、ダンサー、そして領域を横断して活動するアーティストのエラ・ホチルド。森山未來と共同振付した『JUDAS, CHRIST WITH SOY』は、HONMOKU AREA-2(2015年)、横浜赤レンガ倉庫1号館(2017年)で上演され、大きな話題を呼んだ。インバル・ピント&アブシャロム・ポラック・ダンスカンパニー、バットシェバ舞踊団でダンサーとして活躍した後、2010年以降、自身の身体言語をつくりあげ、多様なアーティストとの共同製作に取り組んでいる。彼女の作品は、ダンス、美術、音楽の調和が特徴だ。オープニングを飾るのは、世界初演の『Futuristic Space』。物語の舞台は数千年後の未来。大きな災害が起きた後に生き残り、構築される社会のイメージや、自然と対峙する人類の弱さに迫る。舞台上では、大巻伸嗣の『Liminal Air-Space-Time』が融合する。

 

 

横浜ダンスコレクション2019
オープニング・プログラム
エラ・ホチルド『Futuristic Space』(世界初演)
[日時]2019年1月31日(木)〜2月3日(日)
1/31(木)19:30〜
2/1(金)19:30〜
2/2(土)15:00〜
2/3(日)15:00〜
[会場]横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
[振付・演出]エラ・ホチルド
[美術]大巻伸嗣
[音楽]ゲルション・ヴァイセルフィレル
[出演]大宮大奨、笹本龍史、鈴木竜、湯浅永麻、ミハル・サイファン
[料金]前売¥3,500、当日¥4,000、25歳以下¥3,000、高校生以下¥1,500
[チケット販売]こちらから!!
[TEL]045-211-1515(横浜赤レンガ倉庫1号館)
[URL]http://yokohama-dance-collection.jp

明治、大正時代に国の模範倉庫として創建された横浜赤レンガ倉庫。当時の倉庫の面影を残し小さなお店が軒を連ねるショッピングフロアでは、横浜発の各種ブランドから横浜土産、横浜赤レンガ倉庫ならではのこだわりを持った個性あふれるショップなど、バラエティーに富んだショップが揃っています。イベント広場では季節ごとに様々なイベントが催され、1号館のホール&スペースでは演劇やコンサート、ダンスなどの公演や各種展示会を通じて横浜ならではの芸術、文化を創造、発信しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜赤レンガ倉庫
  • 住所
    神奈川県横浜市中区新港1-1-2横浜赤レンガ倉庫
  • 電話
    045-227-2002
  • 営業時間
    [1号館] 10:00〜19:00 [2号館] 11:00〜20:00 ※カフェ、レストランは店舗により異なる
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 物語の舞台は数千年後の未来、世界初演の『Futuristic Space』

    開催期間:2019.01.31〜2019.02.03
  • 連携作品上演と、前回コンペティションII受賞者による公演

    開催期間:2019.02.02〜2019.02.03
  • 発掘された全国17の遺跡から546点を速報展示!

    開催期間:2019.01.08〜2019.02.17
  • コンペティション受賞者と、国際的に活躍するアーティストの共演

    開催期間:2019.02.15〜2019.02.17