mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

字幕解説付き公演を実施<鎌倉能舞台>

定期的に開催される「能を知る会®」では、ポピュラーで親しみやすい演目を上演。解説・質疑も設けているので、初めて能楽に触れる方にもわかりやすく、気軽に鑑賞できます。

また、能の公演中にわかりやすい現代語訳や解説を表示する「字幕解説付き公演(日本語/英語)」を実施。謡の全文対訳ではなく、場面や型の説明など、能を楽しくご覧いただくための情報をリアルタイムに表示しています。

併設する能楽博物館では舞台・能面・能装束も展示公開しています。
*不定休・入場料:大人500円、子供300円

鎌倉能舞台は、日本の伝統芸能・能楽の公開・振興をもって文化の向上に寄与することを目的として、昭和45年(1970年)5月3日故・中森晶三が鎌倉市長谷に創設しました。(落成は昭和46年4月)現在は中森貫太が後継し中心となって動いております。定期公演「能を知る会」®を開催する他、能楽博物館として舞台・能面・能装束等を展示公開しています。展示会などの利用も可。2011年(平成23年)11月1日、神奈川県より公益財団法人の認定を受けました。

 

また、平成21年度より、館内に一般公開型の「能楽博物館」としてオープンいたしました。能舞台と能面・能装束の展示などをご覧になれます。

  • ショップ・スポット名
    鎌倉能舞台
  • 住所
    神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
  • 電話
    0467-22-5557
  • 営業時間
    10:00〜16:00 【休館日】日曜・祝日、その他不定休 ※事前申し込みの場合は、日曜・祝日でもご見学頂けます。
  • 駐車場
    無(専用駐車場はございません)
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 70年代のモダン建築に出会える「神奈川県民ホール」(2/2)

  • 焼肉付き!? 神里雄大によるレクチャー形式の最新パフォーマンス

    開催期間:2019.02.09〜2019.02.17
  • 馬車道・関内駅からすぐ、この人が作るマティーニが飲みたくて

  • 横浜山手の丘に建つ、歴史香る西洋館「エリスマン邸」