mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ガン・シュウガン作のバイオリンで名曲を聴く展示会リサイタル

 

バイオリン工房「リューテリア・ガン」代表ガン・シュウガンが製作した楽器をバイオリン名曲と共に鑑賞頂く展示会リサイタルです。楽器造りの裏話、バイオリン職人というお仕事の内容を作者ガン・シュウガンのトークを交えてお楽しみいただけます。未来の名器となる有名作家が製作したバイオリンの音色を是非生でお楽しみください。

 

 

リューテリア・ガン メイドのヴァイオリン鑑賞リサイタル
[日時]2019年3月2日(土)13:30〜(13:00開場)
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール 市民交流室
[出演]ガン・シュウガン(ヴァイオリン製作)、月本真愛(ヴァイオリン・解説)、山口真広(ピアノ)
[曲目]クラスラー:愛の悲しみ、愛の喜び、ヴィエニャフスキ:レゲンデ(伝説曲)Op.17、スケルツォ・タランテラ Op.16、パガニーニ:ラ・カンパネラ、バッハ:シャコンヌ「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第二番」より、フランク:ヴァイオリン・ピアノソナタ イ長調
[料金]一般¥3,500、学生¥2,000
[主催]フォレストホールコンサート
[チケット販売]
■WEB予約はこちらから!!
[TEL]090-8847-7886
[MAIL]foresthall.concert@live.jp
[URL]http://classic-concert.info/gengxiaogang/
※曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

川崎市は長らく工業都市として国内の産業を支えてきましたが、産業構造が変化するなかで、川崎市が文化都市へと変貌していくシンボルとしてミューザ川崎シンフォニーホールは2004年に誕生しました。そして、世界有数の音響を誇ることが評価され、著名なオーケストラによる公演が行われる音楽の殿堂としての地位を確立するなど、川崎市が進める「音楽によるまちづくり」に貢献してきました。また、川崎市とフランチャイズ提携を結んだ東京交響楽団がミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地に日々のリハーサルも含めて活動し、日本のトップランナーとして音楽芸術の創造・発信を行っています。

ミューザ川崎シンフォニーホールは演奏家のポテンシャルを最大限に発揮する優れた音響環境を提供し、心を込めてホールに来るすべての方々をお迎えします。また川崎市を代表する文化拠点として、オーケストラならびに多様なジャンルの音楽家と手を携え、音楽文化の発信と交流の「座」となるホールを目指します。

  • ショップ・スポット名
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 住所
    神奈川県川崎市幸区大宮町1310
  • 電話
    044-520-0100
  • 駐車場
    有(有料) 【収容台数】343台【営業時間】24時間営業【時間・料金】7:00〜24:00(15分ごと)¥100、24:00〜7:00(60分ごと)¥100
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 電動ロクロを使って、はじめてさんのための陶芸ワークショップ

    開催期間:2019.03.02
  • 艶やかに紡ぎ奏でる、華麗なる音絵巻「シェエラザード」

    開催期間:2019.01.19
  • フルート奏者・林晃子の卒業記念コンサートに抽選で300名様をご招待!!

    開催期間:2019.01.29
  • パイプオルガン“ルーシー”と過ごすクリスマスコンサート!

    開催期間:2018.12.20