mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

お芋のうまみがぎゅぎゅっ♪愛らしいサイズ感に胸きゅん

スモールポテトパイ 各1個 税込125

まろやかでクリーミーなスイートポテトの下にサクッとした食感のパイ生地をドッキングさせた、その名も「ポテトパイ」。

一度食べたら虜になる人続出のこのスイーツ、金沢文庫で創業40周年を迎える老舗洋菓子店「シャーロン」の大人気商品。

シャーロンは、お父様から息子さんに受け継がれた2世代にわたってのケーキ屋さん。現在は息子さんがオーナーですが、お父様も厨房で現役でケーキを作られているそうです。

ちなみに、お店は金沢文庫から徒歩15〜20分ほどの場所にあります。

駅から歩いていくと、途中急な坂を見上げるかたちになり、その坂をひたすら登った住宅街のなかにあります。足腰に自信のない方はバスも出ているので、バスを利用してくださいね。

ここが坂のスタート地点。

まだまだ登ります。

ようやくシャーロン発見!!

店内はこんな風にとっても広くて、ケーキやポテトパイが並ぶショーケースを一望できます。
どれにしようか迷っちゃいますよねぇ。

さて、ウワサのポテトパイの話に戻りましょう。

クリーミーかつ濃厚、“芋感”をしっかり味わえるスイートポテトには、パティシエ兼オーナーでいらっしゃる、金子さんのこだわりがいっぱい詰まっています。

「茨木県の有機農家から仕入れる紅あずまを使用。ほくほく、ねっとりのバランスが調度よいんですよ。」とのこと。

「ふかして、皮をむき、ペーストにする作業は手間がかかりますが、おいしさを左右する大事な工程。譲れない部分ですね」と力強いお言葉もいただきました。

また、このお芋を使用するにいたった経緯はなんとも興味深いお話なのです。

以前は、別のお芋を使用していたそう。

そんななか、お客様の1人が、「このお芋が美味しいよ」とおすすめのお芋をお店に持参したお芋が、まさに今使用しているお芋だそうです。

お客様との交流を大事にしているステキなエピソードですよね。

そんな、歴史をいくつも積み重ねてきた「ポテトパイ」。

味の種類やサイズもいろいろあります。

人気は一口サイズのスモールポテトパイ。

どの味も125円というお手頃価格なのも魅力です。基本のポテトパイはそのままに、上に載っているものがチョコやアプリコットなど、と変化します。

他に…こんなサイズや…

こんなサイズも。

大きいホールサイズだってあります。

お好みでチョイスしてくださいね。

そして、ポテトパイだけでなく、シャーロンのケーキもとっても美味しいので、ぜひ一緒に購入を。

シュークリーム、ショートケーキ、ゴンドラ、ショコラなどは、創業当初から変わらないレシピで作られているのだとか。甘さ控えめながら、コクのあるクリームが口いっぱいに広がって、とってもリッチな気分に。

なかでも個人的おすすめは、シュークリーム。
なんと!カスタードとクリームのダブルなんです。とっても食べ応えあって、1つで幸せ〜になれるのに、お値段税込250円。

ぜひ、ポテトパイと合わせて、お試しいただきたいです。

シャーロン

創業40周年を迎える、金沢文庫で老舗の洋菓子店(パティスリー)。オープン当初から販売されている「スモールポテトパイ」は、根強いファンを持つ、人気商品。有機栽培の紅あずまを使用したスイートポテトの下にパイ生地が敷かれ、サクッとした食感とともに、優しい甘さのスイートポテトが口いっぱいに広がる。ポテトパイは種類や大きさもいろいろ。また、約20種類のケーキ、焼き菓子が店頭にはズラリ並ぶ。

  • ショップ・スポット名
    シャーロン
  • 住所
    神奈川県横浜市金沢区西柴3-17-1
  • 電話
    045-781-7760
  • 営業時間
    8:30〜19:30 定休日:木曜日・第3水曜日
  • クレジットカード
    不可
  • 平均利用額
    販売:¥1,500〜¥2,000

マップ

関連記事

  • オーナーシェフこだわりの本格クラシックスペイン料理

  • 口に広がる肉汁がたまらない! 豪快にかぶりつこう

  • 菜の花の豆知識

  • 「デスクdeみかん」