mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

美味しい冬のキャベツを食べよう♪

様々な料理と相性がよく、冷蔵庫には欠かせない野菜「キャベツ」。
春キャベツ、高原キャベツ、寒玉キャベツなど、1年を通じて種類の違うキャベツが各産地から出回ります。

今の時期は、主に愛知県や千葉県で取れる冬キャベツ(寒玉キャベツ)が出回っており、2月頃まで美味しい旬ものが食べられます。
寒玉キャベツは、扁平で色が薄く、固く結球しているのが特長。加熱しても煮崩れしにくいので、ロールキャベツや煮物に向いています。
キャベツは、大根にも含まれる「ジスターゼ」を含んでおり、これは消化を助ける働きをしてくれます。
またビタミンC、Kが豊富。さらに、胃薬の由来でもある「キャベジン」という抗潰瘍作用があるといわれるビタミンUも含んでいます。このビタミンU、実はビタミンの仲間ではなく「ビタミン様物質」。体内で合成することができ、ビタミンの働きに類似した作用を人体に及ぼすもので、厳密にはビタミンの定義と異なる物質なので、ビタミンと区別するために、総称して「ビタミン様物質」と呼ばれています。

<選び方>
ずっしりと重みがあり、みずみずしい外葉がついたままのもの。また底を見て、軸の部分の切り口が太すぎないか、新しいかをチェックするのがオススメです。太すぎるものは葉の硬い軸の部分も多いといえます。

<保存方法>
キャベツが呼吸できるように袋に入れて冷蔵庫で保存する。買ったら新鮮なうちに食べるのが一番ですが、丸のままだと日持ちしやすく、さらに軸の部分をくり抜いてそこに水を含ませたキッチンペーパーなどを詰めて袋に入れてから冷蔵庫で保存すると、一カ月程度持ちます。

<おすすめレシピ>
やみつき!一品キャベツメニュー

●材料
キャベツ 1/4個
しらす 半カップ
納豆 1カップ
黄卵 1つ
マヨネーズ 大さじ2
炒りごま 適量
塩 小さじ1/4
鶏ガラ 小さじ1
1.フライパンに油の代わりにマヨネーズをひき、全ての材料を混ぜたものを炒める
2.塩や鶏ガラなどは味を見ながら調整する
3.キャベツがしんなりしてきたら出来上がり!

関連記事

  • やわらかな日差しが差し込むカフェでモーニング

  • おいしい中華総菜がたっぷり!

  • かじきと素揚げした米ナスの食感がgood♪見ためも味わいも上品

  • ロース・ハラミ・カルビ・野菜を一皿で! お肉のおいしさを存分に堪能して