mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

能狂言をより深く楽しむために知っておくべきこととは?

 

能狂言公演をより深くお楽しみいただくための能楽事前講座。講師に能楽プロデューサー・演出家の笠井賢一氏と、能『小鍛冶』でシテを演じる柴田稔氏を迎え、鑑賞のポイントをレクチャーします。

能狂言公演の直前に、作り手の視点からのお話が聴ける贅沢な講座です。能狂言公演とあわせてお越しください。

 

 

能楽事前講座
二段目 能狂言公演直前仕上げ
[日時]2019年2月22日(金)10:30〜(10:15開場)
[会場]逗子文化プラザホール さざなみホール
[講師]笠井賢一(能楽プロデューサー・演出家)、柴田稔(観世流シテ方能楽師)
[料金](全席自由)¥1,500
[チケット販売]
■逗子文化プラザホール1F窓口(来館)9:00〜20:00/
電話予約 TEL.046-870-6622(9:00〜20:00)/
WEB予約はこちらから!!
[TEL]046-870-6622(逗子文化プラザホール)
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

なぎさホール
【555席、ほか車椅子席3席、親子席】
音響反射板、残響可変幕、可動プロセニアムを備え、音楽・演劇・舞踏などジャンルを問わず多目的な利用が可能なホールです。

なぎさホール楽屋1 定員10名(約29平方メートル)洋室
なぎさホール楽屋2 定員5名(約14平方メートル)洋室
なぎさホール楽屋3 定員4名(約14平方メートル)洋室
※楽屋3はトイレ・シャワー付

さざなみホール
【160席程度/舞台約52平方メートル、客席102平方メートル】
昇降式舞台(高さ:フラットから70cm)のため、演劇・講演や展示会などに幅広く対応できる多目的なスペースです。160席分のスタッキングチェア、30台のセミナーテーブルを備えています。

さざなみホール楽屋1 定員12名(約26平方メートル)和室12畳
さざなみホール楽屋2 定員9名(約24平方メートル)洋室

ギャラリー
【約72平方メートル、幅12m・奥行き6m】
ホール棟エントランスと一体の空間となり、絵画・書道・写真・工芸など美術作品の展示・発表に適しています。

  • ショップ・スポット名
    逗子文化プラザホール
  • 住所
    神奈川県逗子市逗子4-2-10
  • 電話
    046-870-6622
  • 営業時間
    9:00 〜22:00 【休館日】毎月第1・第3火曜日(国民の祝日に当たる場合はその翌日)、12月29日~1月3日
  • 駐車場
    有 ※文化プラザホールでは30台駐車場をご用意しております。そのうち1台は身障者専用駐車スペースになります。 なお、文化プラザ駐車場の営業時間は、朝9時から夜22時までです。こちらの駐車場は文化プラザご利用の方に限ります。 また、隣接する清水橋南駐車場の営業時間は、朝7時から夜21時までです。 利用料金は文化プラザ駐車場及び清水橋南駐車場ともプラザホールご利用の方に限り1時間までの駐車料金が無料となりますのでホール窓口にお申し出ください。なお1時間経過後からは30分単位で150円いただいております。 駐車場は台数に限りがありますので可能な限り公共交通機関をご利用ください。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 「世界一のリスト」と絶賛されたその実力をじっくりと堪能

    開催期間:2019.02.11
  • はじめての狂言は気軽に楽しい「さるびあ狂言会」で

    開催期間:2019.01.19
  • 演奏者100人募集! ホセ・マセダ作品『カセット100』

    開催期間:2018.11.29〜2019.01.31
  • 能楽堂が美術館に変身! 「修羅」がテーマの山口晃展

    開催期間:2019.01.19〜2019.03.23