mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ご利益あるかも1? 富士塚って知ってる?

本物の富士山へ行かなくても、ご利益(?)を得られちゃうかも♪
今回は歴史を感じながらノンビリできる、とある場所をご紹介します。

ニッポンを代表する『縁起物』といえば、多くの方が思い浮かべるのが富士山ではないでしょうか。初夢でも、俗に「一富士、二鷹、三なすび」と言われますし、浮世絵などのモチーフとしても古くから親しまれていますよね。残念ながら、高層ビルが増えた現代では街中から望むことは難しく、ましてや登山となれば準備も相当なもの。身近なようで、実は遠〜い存在なのかも……。
そういった思いは江戸時代の人たちも同じだったらしく、「手軽に富士山に参詣したい」と『富士塚』が各地に作られました。いわばミニチュア富士で、築山のように土を盛って作ったものや、富士山に似た形の丘など、さまざまなケースがあるそう。横浜市内にも幾つか現存しており、最も高いのが標高74mの川和富士。江戸時代末に築かれ、昭和の終わりごろニュータウン建設に伴って現在の川和富士公園に移されたそうです。実際に行った様子は、写真付きでご紹介していますので、ぜひご覧ください(webではより詳しく掲載中!)。まもなくやってくるお正月、近所で初詣もいいけれど、富士塚登山するのも気持ちがあらたまりそう。お近くにもないか、探してみるのも楽しいかもしれません♪

この直線階段を99段登りきると、いよいよ山頂が間近!きつい階段を避けたい方は、脇のゆるやかな階段からも行けるのでご安心を。

富士塚の頂上から多摩ニュータウン方面を一望。地平線までよく見える〜!360度見渡せて、みなとみらい方向も見えました。天気のいい日は、東京都庁も見えるんですって!

山頂床のプレート。天気が良ければ本物の富士山も見えそう。

子どもたちが遊ぶ遊具もあって、ワイワイ賑わっていました

川和富士公園 Information
[住所]横浜市都筑区富士見が丘20
[交通]市営地下鉄「都筑ふれあいの丘」駅下車10分
市営バス124・305・310系統「夕やけ橋」下車5分

関連記事

  • お気に入りのアロマの香りに包まれて、穏やかな眠りの世界へ

  • ママ目線で考えた工夫がいっぱい!

  • すべて天然素材を使用した時計

  • 本のセレクトに定評あり! 仕事帰りにぶらりと立ち寄りたい