mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

2010年ショパン・コンクール覇者と共に歩むプロムナード

 

ここまで純粋に、ストイックに音楽を探究するピアニストは、そういるものではない。もがき苦しみながら前に進もうとするベートーヴェン、そして深淵へと迫るリストを鬼気迫るような集中力で表現し、別世界へと連れて行かれるような体験をもたらしてくれた前回公演でも、改めてその念を深くした。

今回はロシア人ピアニストとしてもっとも大事な作品のひとつ、ムソルグスキーの「展覧会の絵」を、まさに満を持して用意してくれた。言わずと知れたこの大曲だが、個性豊かな絵画に対する印象だけでなく、ムソルグスキーの親友であり画家のガルトマンの死の翌年に開かれた回顧展を物思いにふけりながら練り歩く作曲者の心情も描かれた作品だ。作品・作曲者の心情、真意を読み取り心からの敬意を持って演奏するアヴデーエワだからこそ聴いてみたい一曲である。

回顧展の「絵」にシンクロさせるようにチョイスされたドビュッシーの「版画」、そしてバラード第3番をはじめとした、物思いにふけるような叙情的作品が並ぶショパンも、ムソルグスキー作品へのつながりを意識した見事なプログラミングと言えよう。 その真摯な姿勢で、唯一無二の芸術家として着実に歩を進めるアヴデーエワ。今回も私たちの期待以上のものを、見せてくれるだろう。

 

 

アヴデーエワの「展覧会の絵」
ユリアンナ・アヴデーエワ ピアノ・リサイタル
[日時]2019年2月24日(日)14:00〜(13:30開場)
[会場]横浜みなとみらいホール 大ホール
[出演]ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ)
[曲目]ドビュッシー:版画(塔、グラナダの夕べ、雨の庭)、ショパン:バラード第3番 変イ長調 op.47、3つのマズルカ op.59、前奏曲 嬰ハ短調 op.45、スケルツォ第3番 嬰ハ短調 op.39、ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
[料金](全席指定)S席(1・2階席)¥6,000、A席(3階席)¥5,000、P席(舞台後方席)¥4,000、S席シルバー(65歳以上)¥5,500
[チケット販売]神奈川芸術協会 WEBでのご予約はこちらから!!
[TEL]045-453-5080(神奈川芸術協会)
※未就学児のお子様のご入場はご遠慮ください。

クイーンズスクエア横浜にある1998年に開館したコンサートホールで、「海の見えるコンサートホール」として親しまれている。
大型のパイプオルガンを設置した大ホール(2020席)と、ウッドデッキの屋上庭園を隣接した小ホール(440席)があり、ほぼ毎日のようにコンサートが開催されます。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなとみらいホール
    施設の情報を見る >
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6
  • 電話
    045-682-2000(チケットセンター)
  • 営業時間
    (電話予約)10:00〜17:00、(窓口)11:00〜19:00 【休館日】不定休 ※詳しくはホームページ等でご確認ください。
  • 駐車場
    「みなとみらい公共駐車場」の割引券を販売(通常 ¥540/1h)、割引券:一般¥450/1h、Miraist Club 会員¥350/1h
  • 総座数
    大ホール(2020席)、小ホール(440席)
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 岡本太郎作品について学芸員がわかりやすく解説!

    開催期間:2019.01.14
  • 大好評! とっても不思議な“五角形パズル”の世界を体験しよう

    開催期間:2018.11.01〜2020.12.30
  • 横浜中華街で迎える新年!

    開催期間:2018.12.31〜2019.01.01
  • 新しい一年のはじまり、贅沢な二人会で抱腹絶倒!!

    開催期間:2019.01.12