mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

小春日和の散歩道

晩秋から冬にかけ、まるで春のようにポカポカとした穏やかな日がありますが、これを小春日和と言います。街を散歩するには、最適な小春日和。そんな一日に、横浜らしい街並みが楽しめる馬車道へ出掛けた。


レンガ敷の歩道には、ガス灯や馬のモチーフのベンチ、神奈川県立歴史博物館(旧 横浜正銀行)や 日本興亜馬車道ビル(旧川崎銀行横浜支店)といった、近代西洋風建築が残る。


散歩の途中、「馬車道十番館」へ立ち寄った。
馬車道から横浜方面へ1本入った通りに面してあるレンガ造りの趣ある建物が「馬車道十番館」だ。

昭和42年(1967年)、横浜の老舗レストラン勝烈庵の創業者が喫茶店もつくりたいと、10店舗目としてオープンしたのが山手の丘にある「山手十番館」。
横浜開港の頃、海岸沿いに建てられた外国の商館は「一番館」「二番館」と呼ばれており、10店舗目なので「山手十番館」としたのが屋号の由来。
勝烈庵としては11店舗目となる「馬車道十番館」は、昭和45年にオープン。当初は、フレンチレストランとしてスタートした。
この場所は、ガス事業の創始者 高島嘉右衛門家の旧跡でもあり、エントランスにはガス灯が建っている。

1階が喫茶室、2階が英国風酒場(バー)、3階がフレンチレストラン。
昭和の香りが漂うレトロでクラッシックな店内。耳に心地よく、ジャズが流れてくる。

注文するものは決まっているが、入り口にある、生菓子のショーケースが気になり、つい目移りしてしまう。

ショーケースには、定番と季節の生菓子が並んでいる。
ロールケーキ「フィーヌバケット」「サバラン」「ショートケーキ」は、創業以来変わらない味。

ショーケースの横では、ポルトガルから伝えられた由緒ある焼き菓子「ビスカウト」やケーキ、パンが購入できる。ビスカウトは横浜土産としても人気の商品だ。

窓際の席に座り、十番館ブレンド(580円)とサバラン(450円)を注文した。
ステンドグラスからの光の変化は、時を忘れさせてくれる。

ガス灯のモチーフをあしらったコーヒーカップとソーサー。コーヒーは少し酸味があり軽やかで飲みやすい。添えてあるのはミルクではなく、無糖のホイップクリーム。

サバランといったら、丸いブリオッシュの形状を思い浮かべるが、十番館のサバランは、楕円型をしているのが特徴。ラム酒、ブランデーを使用したシロップをパン生地にたっぷりしみこませ、生クリームが絞ってある。見た目は重たい印象だが、食べると非常に軽い。お酒が強い方ではないが、十番館のサバランは、さらっと胃に収まってしまう。
そういえば、サバランを提供しているお店がこのところ少なくなった。

馬車道十番館は、常連客が多く訪れる。毎日通う客もいる。それ程に居心地のよい喫茶室なのだ。常連客も初めてでも、変わらず迎えてくれる。
現在のリッチモンドホテルは、その昔、東宝会館だった。映画を観た帰りに、馬車道十番館でお茶をして帰るという流れもあったから、三世代で来られる客も珍しくない。

ここは品のよい客が多い。お店の雰囲気は、最後は客がつくるのだと思う。
自分もそんな客でありたい。

各階には、創業者が愛したバラが必ず飾られている。

階段を上り、2階のバーへ。階段には、開化期の古い写真や資料が置かれ、ちょっとした歴史博物館のよう。
十番館は、お茶とお菓子を基本としていたので、2階は初めてだった。

喫茶室とは雰囲気を変え、重厚でクラシカルな趣のバーは、大人の社交場。

16時から営業しており、見るからに仕立てのよいスーツを装った紳士が、ここでひとときを楽しむ。
横浜開港と共に栄えたバー文化。横浜から生まれたカクテルも多く「ヨコハマ」「チェリーブロッサム」はその代表。
次は少し背伸びをして、ここでカクテルを嗜みたい。

翌日お気に入りのコーヒーと、土産に持ち帰ったバターたっぷりのマドレーヌとビスカウトで余韻を楽しんだ。

馬車道十番館

市営地下鉄「関内」駅9番出口から徒歩1分。東急みなとみらい線「馬車道」駅5番出口より3分。
落ち着いたムードの中、喫茶やフレンチがお楽しみ頂けます。

  • ショップ・スポット名
    馬車道十番館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区常盤町5丁目67
  • 電話
    045-651-2621
  • 営業時間
    10:00〜23:00 ランチ:11:00〜14:00 ディナー:11:00〜22:00
  • クレジットカード
    可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、交通系)
  • 駐車場
  • 喫煙
    全面禁煙・全館禁煙
  • 予約
    可(ランチ/ディナー)
  • サービス料・チャージ
    有:10%(レストラン・バー・宴会場のみ)
  • 平均利用額
    カフェ:¥800 ランチ:¥3,500 ディナー:¥7,500 販売:¥2,800
  • 個室
  • 総座数
    総数:240席 個室:10席×2部屋 カウンター:10席
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
    ¥1,500(ハンバーグ、エビフライ、帆立フライ、オムライス、サラダ、デザート、ソフトドリンク)
  • ドリンク
    アルコール有 ノンアルコール有
  • コース料理
    有(3,500〜5,500円) ランチ:¥2,600〜(スープ、魚、肉、デザート、パン、コーヒー) ディナー:¥4,500〜(オードブル、スープ、魚、肉、デザート、パン、コーヒー)
  • 貸切
    可(個室/四か所)
  • URL

マップ

関連記事

  • 子どもと一緒の利用も大歓迎!横浜野菜を極めたシェフが腕をふるう

  • 手土産にも喜ばれる!?あんには具がゴーロゴロ

  • 舌を刺激する辛さにごはんがすすむ!

  • 牛骨を長時間じっくり煮込んだ焼肉屋さんのスープは、とっても濃厚