mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

各時代の作家たちが試みた「新しさのかたち」を展覧!

(TOP画像)和達知男《眼鏡をかけた自画像》1923年 油彩、カンヴァス 神奈川県立近代美術館蔵

 

神奈川県立近代美術館の名称にも掲げられた「モダン」(近代)という言葉。日本では一般に「現代的」、転じて「洒落た」イメージを指して使われ、一方では「モダン」という言葉自体がもはや「レトロ」な響きをも感じさせますが、本来は「新しさ」を意味するものです。古典的な美や、それまでの潮流に対する新しさを追求した表現は、つねにモダンなものであったといえます。彫刻に斬新なユーモアや合理性を込めた堀内正和の個展にあわせて、絵画、彫刻、デザインなどの所蔵作品と資料から、各時代の作家たちが試みた「新しさのかたち」を展覧します。

 


山口長男《かたち》1951年 油彩、カンヴァス 神奈川県立近代美術館蔵

 


村山知義《「母親になったモダンガール」原画》1927年 インク、水彩、紙 神奈川県立近代美術館寄託

 


萬鉄五郎《日傘の裸婦》1913年 油彩、カンヴァス 神奈川県立近代美術館蔵

 

《展覧会の見どころ》
1. 「モボ」、「モガ」と略称され、大正から昭和初期に文化や世相の尖端に立った「モダンボーイ」、「モダ ンガール」たち。今日でも斬新で、国際的な注目も高い村山知義や久米民十郎らの作品で紹介します。
2. 建築家・坂倉準三が手掛けた家具類を展示。盟友シャルロット・ぺリアンの影響も感じさせながら、日 本の風土や伝統との調和を志した「モダン・デザイン」に注目です。

 

コレクション展「モダンなフォルム」 
From Museum Collection: Forms in the Modern Art
[日時]12月8日(土)〜2019年3月24日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30)
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山
[休館日]月曜日(12月24日・1月14日、2月11日は開館)、12月29日〜2019年1月3日
[料金]一般¥250、20歳未満・学生¥150、65歳以上と高校生¥100
[TEL]046-875-2800(神奈川県立近代美術館 葉山)
[URL]http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。
「堀内正和展 おもしろ楽しい心と形」をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りコレクション展 「モダンなフォルム」もご覧いただけます。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:1月6日、2月3日、3月3日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は 割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は「会話を楽しむ日」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご覧ください。
*その他の割引につきましてはお問い合わせください。

 

担当学芸員によるギャラリートーク
[日時]2019年1月19日(土)、2月9日(土)、3月9日(土)各日14:00〜14:30
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 第1展示室
[料金]無料(高校生以上は堀内正和展 おもしろ楽しい心と形」展の当日観覧券が必要です)

近代美術館入門講座「堀内正和のおもしろ楽しさ」
[日時]2018年12月15日(土)10:00〜11:00
[会場]葉山町福祉文化会館 大会議室
[料金]無料

※詳細は神奈川県立近代美術館 葉山の公式サイトをご覧ください。

葉山館は、神奈川県立近代美術館の3番目の建物として2003年3月に竣工、10月に開館しました。天井高や照明環境に変化をつけた展示室のほか、資料の収集と情報の発信拠点を目指す美術図書室、視聴覚設備のある講堂、保存技術の粋を集めた収蔵庫など、多様な施設を備えた美術館となっています。生活の中で美術館に親しんでいただけるよう、エントランスホールから中庭、レストラン、ミュージアムショップ、庭園、さらに地下1階の美術図書室などは、観覧料なしでご利用いただけます。

(写真2枚目/葉山館レストラン)©Norihiro Ueno
(写真3枚目/葉山館エントランス)Kijuro Yahagi©

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立近代美術館 葉山
  • 住所
    神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
  • 電話
    046-875-2800(代表)
  • 営業時間
    9:30〜17:00(最終入場16:30) 【休館日】月曜日(但し祝日および振替休日の場合は開館)、展示替期間(但しレストランと駐車場は月曜を除き営業)、年末年始
  • 駐車場
    有(収容台数48台、身障者専用2台、バス3台の計53台) 【有料駐車場営業】8:30〜18:00(最終入庫16:30) ※料金は美術館HP等でご確認ください。
  • 平均利用額
    【観覧料】(コレクション展)一般¥250、20未満と学生¥150、65歳以上¥100、高校生¥100 ※企画展の観覧料は展覧会によって異なります。 ※「国際博物館の日」と「文化の日」は特別に無料開館となります。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • ミネケ・シッパー編集の神話を山口由理子がビジュアルに

    開催期間:2018.10.04〜2018.12.23
  • 県民が見た世界の一瞬の姿。応募作品の写真展、開催中!!

    開催期間:2018.10.13〜2018.12.24
  • イサム・ノグチと岡本太郎の作品から探る「日本美」とは何か?

    開催期間:2018.10.06〜2019.01.14
  • スカイビルを花で彩るクリスマスイベント

    開催期間:2018.11.23〜2018.12.25