mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

お気に入りのアロマの香りに包まれて、穏やかな眠りの世界へ

日本で最初のハーブショップとして、1983年、東京・成城にオープンした「カリス成城」。ピュアなエッセンシャルオイルは憧れだけど、今回は手軽に使える「ナチュラルルームミスト」をチョイス。お部屋でのリラックスタイムにシュッと一拭きするだけで、柔らかな香りに包まれて、そのまま心地よい眠りにつけそう。
心地よい眠りにつきたいときは「ドリーム」、心を落ち着かせたいときは「リラックス」、心身のバランスを取りたいときは「バランス」、女性らしさを求めたいときは「ビューティー」、元気をだしたいときは「リバイタライズ」と、5つの香りが選べて、各60ml/各1,728円


エッセンシャルオイルの香りを携帯できる「ロールオンアロマ」。手首や耳の後ろにちょっぴり付けておくと、体温で温まってほのかに香る。ルームミストと同じ5つの香りがラインナップされているので、自宅でも外出先でも、いつでもお気に入りの香りが包んでくれる。各10ml/1,404円


種類も豊富なハーブティーの中から、今回は英国王立キュー植物園との提携により開発された「KEW」ブランドに注目。
「ビューティー」「リラックス」「リフレッシュ」「サイクル」と、目的別に4種類のブレンドが用意されていて、各20パック入りで?1,296。どれがいいか迷ったときは、4つのブレンドが1パックずつ入ったアソート(?432)がおすすめ。


店内ではハーブに関するセミナーなども開催される。アロマとハーブを使ったトリートメントが受けられる「トリートメントルーム」が併設されいるのは、成城本店と、ここランドマークプラザ店だけ。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • プレゼントにも最適! Men’sアイテムにも注目

  • 卵かけごはんにもおすすめ!にんにく香るまろやかなお醤油

  • お土産にもぴったり。日本の和小物が選べるお店

  • STORY「父から母、そして私へと贈られたロレックス」