mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

東京新聞写真部が撮影してきた歴史的瞬間などの写真を展示

(TOP画像)都心のサバンナ  日本新聞博物館提供

スポーツの感動的場面や、未曾有の災害、痛ましい事件・事故など、写真部のレンズが追うその一瞬は、時にどんな言葉よりも雄弁に現場の息遣いを伝えます。新聞に掲載される1枚の写真を生み出すために、カメラマンは1日何千枚も撮影します。本展では、紙面からはうかがえない写真部の仕事の舞台裏、送信方法の変遷、そして東京新聞写真部が切り取ってきた歴史的瞬間や東京の「今」を、数々の写真とともに紹介します。

※企画展関連イベントは終了しております。

 


「安保法案にNO!」  日本新聞博物館提供

 

 「沖縄の視線」  日本新聞博物館提供

「雪山」  日本新聞博物館提供

 企画展「密着!写真部@新聞社~東京新聞のレンズから~」

[会期]10月6日(土)~12月24日(月・振替休日)
[場所]ニュースパーク(日本新聞博物館)2F 企画展示室
[開館時間]10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
[休館日]月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は次の平日)
[入館料]一般¥400/大学生¥300/高校生¥200/中学生以下無料
[問い合わせ]045-661-2040(開館中のみ受付)
[URL]https://newspark.jp/newspark/info_exhibition/ex000114.html

ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、製作工房では、いつでも記念マイ新聞づくりができます。

  • ショップ・スポット名
    ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
  • 電話
    045-661-2040
  • 営業時間
    10:00〜17:00 (入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4
  • 平均利用額
    一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料
  • URL