mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

夏の疲れが抜けない日は、うなぎランチでおいしく喝!

“高嶺の花”を気軽に。
老舗のうなぎ料理屋で
至福のランチタイム。
【福家】

野毛には、うなぎやフグを食べさせてくれる店が何軒もあります。いずれも高級食材のイメージがありますが、そこは庶民の味方、野毛ですから。財布の中身を確認せずとも、安心して暖簾をくぐれるお店がほとんどです。
おいしいうなぎが食べたい! そんなシンプルな願いを胸に、野毛の町へ繰り出しました。


うなぎ、フグ、どじょう料理の「福家」は、庶民の味方として頼れる1軒。落ち着いた佇まいはさすが昭和6年創業の老舗ですが、ランチなら気軽にいただけると聞いて、出かけてみました。


尾上町で創業し、町の発展とともに移転・改装してきた店舗は現在4代目。1階には落ち着いて食事ができるテーブル席と、一人でも入りやすいカウンター席があります。平成17年に新装オープンしたものですが、なんとなく、しっとりとした昭和の風情を感じてしまうから不思議です。2階には座敷席があるので宴会もOK。


ランチタイムに伺ったので、肝焼きやうざくなど、酒肴に嬉しいお品書きは夜の楽しみにとっておいて、まずは噂の「八幡丼(やわたどん)」を注文。ゴボウをうなぎで巻いて煮た、京都の郷土料理「八幡巻」をヒントに生まれた料理だそうで、福家さんのオリジナルです。
一口大に切ったうなぎの蒲焼とささがきゴボウを卵でとじた丼は、蒲焼とタレのマッチングはもちろん、トロッとした半熟卵がたまりません。お腹も心も大満足で、1杯730円なのは有り難い限り。


ガッツリうなぎを食べたい、というときには「うな丼」。ランチタイムなら1,780円と3割近くお得です。その分、うなぎが小さいのかな、と思って伺ってみたところ「変えちゃったら意味がないでしょう」とのこと。さすが老舗の心意気。大変失礼致しました!
お店によって個性が出るのが、うなぎのタレ。福家さんのタレはさっぱり系なので、ヘルシー志向の女子にもオススメです。タレがかかったご飯が大好きなワタクシは、うなぎはもちろんのこと、ご飯の最後の一粒までおいしくいただきました。


お店の前の「どぜう」と書かれたノボリが忘れられず、後日、再訪してしまいました。野毛にうなぎ料理屋は数あれど、ドジョウが食べられるお店はあまり知られていません。
そんなわけで、この日は迷わず「柳川定食」。ドジョウは「まる」か「ひらき」から選べて、どちらも1,360円。ドジョウと聞くと、土臭いイメージを持つ人もいるようですが、福家さんのドジョウはとても上品で、あっさり味のお出汁によく合います。骨まで食べられるドジョウと、食物繊維たっぷりのゴボウの組み合わせって、実はかなりヘルシーだと思いませんか。ドジョウを食べたことがない方も多いと思いますが、ぜひ一度お試しください。


柳川定食は、ご飯を一人分のお櫃でサーブしていただけます。丼2杯分くらいありそうなので、残してしまって申し訳ないと思っていたのですが。「お出汁をかけてどうぞ」と声をかけていただいたので、さっそく実行。
念のために申し上げておくと、ワタクシ、ご飯のお代わりや大盛りを頼んだことはほとんどありません。にもかかわらず、あっさり味のお出汁をかけたご飯は、いくらでも食べられそうなほどおいしくて。結局、お櫃の中のご飯を完食。
ごちそうさまでした!

福家

創業昭和六年つぎたして続いているうなぎのたれ、自家製のポン酢でいただくふぐ、
横浜では珍しい本格的どじょう料理など、
ジャズをバックに美味しい料理がいただける、野毛の老舗のお店です。

  • ショップ・スポット名
    福家
  • 住所
    〒231-0064 横浜市中区野毛町2-97
  • 電話
    045-231-4896
  • 営業時間
    11:30〜13:30 17:00〜22:00
  • クレジットカード
    可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
  • 駐車場
  • 喫煙
  • サービス料・チャージ
    お通し:500円
  • 平均利用額
    (夜)3,000〜4,000円 (昼)1,000〜2,000円
  • 個室
  • 総座数
    35席
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
    アルコール有 ノンアルコール有
  • 貸切
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • ぽかぽか日和に、ぜひ立ち寄りたい

  • 江ノ電を近くに感じながら 木漏れ日が差し込む 気持ちのいいカフェ

  • 誰にも教えたくない?!絶好スポットでのんびり

  • 香ばしさとアイスの絶妙コラボ!