mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

香り豊かな舞茸の簡単炊き込み御飯を作ろう!

スーパーなどで売られている舞茸は栽培ものなので年中手にすることができますが、天然の舞茸は取れる量が少なく、高価なものとされています。9月〜11月頃に旬を迎えます。

舞茸は、昔から貴重なキノコと言い伝えられ、見つけた人が舞い上がって喜ぶのでそう名付けられたという説や、形が蝶の舞う姿に似ているところから名付けられたという説があります。
舞茸には、色が茶褐色のものと白い種類のものかあり、通常手にすることの多い茶褐色の舞茸は、歯ごたえと独特の香り、そしてうまみの多さで人気。鍋物、汁物、天ぷら、炊き込みご飯、炒め物などにするとおいしさがより引き立ちます。
白まいたけは、茶褐色の舞茸よりも香りが弱くやわらかな食感で調理時に色落ちしないので、煮物、炒め物、揚げ物等に向いています。
舞茸には、舞茸特有成分で免疫力を高める働きがあると言われている「マイタケDフラクション」が含有され、ガンの予防作用等が研究されています。
また、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれており、中でもビタミンB2はきのこ類の中でもトップクラスです。
風味や歯ごたえを生かすためにも、加熱しすぎず、手早く調理するのがおすすめです。
ヒダに厚みがあり、シャキッとしているものがおすすめ。株が大きいほうがヒダも厚く歯触りが良いものが多いでしょう。
乾燥しないように袋に入れて冷蔵庫で保存し、3日〜4日で使い切りましょう。
すぐに使いきれない場合は、石づきを切り落とし、使う長さに切った状態で保存袋などに入れ冷凍するといいでしょう。
「鮭と舞茸の炊き込み御飯」
お釜に入れるだけ!簡単に秋の味を味わえるおすすめレシピ♪

鮭 一切
舞茸 1/2パック位
お米 二合
お吸い物の素 1つ
醤油 大さじ2
酒 大さじ2
青ネギ 適量
ゴマ 適量
1,お米の上にゴマと青ネギ以外の材料を全て入れ、炊く。

2,炊き上がったら、鮭の皮と骨を取り、お好みでゴマや青ネギをかけて出来上がり。青じそや三つ葉などでも合いますよ。

関連記事

  • 想像もつかない味に出合えるかも?月替わりの野菜シフォンケーキ

  • ガブッ! うま!なカレーパン【vol.45】

  • ブラッスリーピガール ヨコハマ 旨い魚をいろいろな味で!

  • 【ミツティー】上質なセイロンティーの専門店