mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

南米大陸最南端・パタゴニア。その極限の大地の姿を目に!!

 

日本の国土の二倍を有するその大地は、まるで原始の地球を彷彿するかのよう――その最深部に広がるパイネ国立公園には、我々を凌駕する圧巻の光景が広がっている。地球上に残された数少ない極限の大地を、田中克佳氏による40点の作品で紹介したい。

 

【写真家プロフィール】
田中克佳(たなかかつよし)
1965年 横浜生まれ。米国『ナショナル・ジオグラフィック誌』フォトグラファーのアシスタントを経て独立し、世界各国のメディアに発表を続けている。2005年よりパタゴニアの撮影を開始。毎年、現地を訪れ魅惑の大地を写真に収めてきた。 近年は世界中から写真愛好家を集めてチリ、アルゼンチン、ぺルーなど、南米各地でワークショップを開催。 撮影の指導にも力を注いでいる。あーすぷらざでは2014年『ブラジル-写真家5人が伝えるその魅力-』、2016年『麗しき街―リオデジャネイロ』に続き三度目の写真展。著書『踊るブラジル―私たちの知らなかった本当の姿―』(小学館)等。ニューヨーク在住。

 

 

田中克佳 写真展
パタゴニア
最果ての大地に広がる驚愕の世界
[日時]10月13日(土)〜12月24日(月・祝)10:00〜17:00
[会場]あーすぷらざ 3F企画展示室
[休館日]月曜日(祝日を除く)
[料金]無料
[主催]神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)(指定管理者:公益社団法人青年海外協力協会)
[TEL]045-896-2121(あーすぷらざ)
[MAIL]gakushu@earthplaza.jp
*公式サイトはこちらから!!

 

〜関連イベントのご紹介〜
田中克佳トークイベント
「日常から遠く離れてーパタゴニアで撮ることー」

[日時]11月23日(金・祝)14:00〜15:30
[会場]あーすぷらざ 2Fプラザホール
[定員]200名(申込不要)
[料金]無料
*詳細はこちらをご覧ください。

あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)は「こどもの豊かな感性の育成」、「地球市民意識の醸成」、「国際活動の支援」という3つの目的を持つ施設。

国際理解や平和、環境など世界とのつながりをテーマにした大きな企画展や、映画上映、ワークショップ、校外学習、外国人のための教育・法律相談なども行っています。

5F常設展示室は世界の国々の生活道具、 衣装、楽器などを展示した「こどもの国際理解展示室」、戦争、紛争、難民問題に関する資料を展示した「国際平和展示室」、
こどもたちが五感をつかって遊べる「こどもファンタジー展示室」で構成。2Fには、国際理解、国際協力活動などに関する図書、ビデオがそろった映像ライブラリーや情報フォーラムもあります。

  • ショップ・スポット名
    あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)
  • 住所
    神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
  • 電話
    045-896-2121
  • 営業時間
    【有料施設】(観覧施設)9:00〜17:00、(貸出施設)9:00〜22:00 【無料施設】(ラウンジ)9:00〜20:00、(情報フォーラム)9:00〜20:00※土・日・祝は17:00まで、(映像ライブラリー)9:00〜17:00 【その他】(レストラン)11:00〜18:30※月曜は17:00まで、(カフェ)11:30〜16:30、(プラザショップ)10:00〜17:00 【休館日】(常設展示室・情報フォーラム・映像ライブラリー、プラザショップ)月曜日、(レストラン)月1回月曜日、(カフェ)日・月曜日、(全施設)年末年始
  • 駐車場
    6:30〜24:00 (普通車)90台、(大型車)10台

このスポットの記事

関連記事

  • 日本の秋を代表する花・菊花約500点を展示

    開催期間:2018.10.26〜2018.11.25
  • 二人の芸術家が、共に歩んだ1950年代の作品を中心に

    開催期間:2019.01.12〜2019.03.24
  • ミネケ・シッパー編集の神話を山口由理子がビジュアルに

    開催期間:2018.10.04〜2018.12.23
  • 日本で出版された海・船をテーマにした絵本や原画を展示

    開催期間:2018.10.20〜2018.12.09