mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

横須賀芸術劇場に多彩なジャンルの伝統芸能が大集合!!

 

大劇場で上演する演目は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「能楽」や「チャッキラコ」のほか、地域に根付いた民俗芸能である「浦賀の虎踊り」「長井町飴踊り」や、クラシック音楽と和太鼓の演奏など、一度に様々な伝統芸能に触れられます。また、小劇場では、「あつぎロボットゆうえんち」によるロボットショーや、出演団体によるワークショップも行います。文化の秋にぴったりのイベントです。ぜひお越しください!!

 

 

平成30年 かながわ伝統芸能ふれあい祭
[日時]11月23日(金・祝)〈大劇場〉16:00〜、〈小劇場〉13:00〜(各会場、開場は開演の30分前)
※大劇場は定員1,500名、事前申込制。小劇場は出入り自由。
[会場]横須賀芸術劇場 大劇場・小劇場
[出演]公益財団法人 鎌倉能舞台(能楽)、ちゃっきらこ保存会、浦賀虎踊り保存会、長井町飴屋踊り保存会、海南神社面神楽神楽師会、公益財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団、神奈川県太鼓連合(鼓粋)、あつぎロボットゆうえんち(株式会社MANOI企画)、ジンタらムータ、ほか
[内容]
〈大劇場〉能「江野島」(ユネスコ無形文化遺産、公益財団法人鎌倉能舞台)、チャッキラコ(ユネスコ無形文化遺産)、浦賀の虎踊り、長井町飴屋踊り、海南神社「面神楽」、弦楽四重奏と箏の共演(公益財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団)、和太鼓(神奈川県太鼓連合「鼓粋」)
〈小劇場〉伝統芸能ワークショップ、ロボットポフォーマンス、ほか
[料金](全席自由)無料
※大劇場の観覧については、申し込み専用フォームから事前申し込みが必要です。小劇場については、出入り自由です。
[申込方法]申込専用フォームまたはファクシミリ、ハガキにてお申込みください。定員を超えた場合は抽選を行い、抽選にもれた方のみご連絡させていただきます。(11月20日火曜日までに連絡がない場合は、そのまま会場にお越しください。)
■申込フォーム 公式サイトよりお申込みいただけます。
■FAX. 045-210-8840
■ハガキ 〒231-8588 横浜市中区日本大通一番地 神奈川県国際文化観光局文化課マグカル推進グループ「かながわ伝統芸能ふれあい祭」係
[主催]神奈川県
[TEL]045-210-3806(神奈川県国際文化観光局文化課 マグカル推進グループ「かながわ伝統芸能ふれあい祭」係)

横須賀芸術劇場は、横須賀市民の生活を心豊かにする人と文化をつなぐ場として、戦後日本ジャズ発祥の地・EMクラブ(米海軍兵員クラブ)の跡地に平成6年(1994年)2月にオープンしました。EMクラブは戦後日本のジャズ発祥の地であり、終戦直後からルイ・アームストロングなど世界的なエンターテイナーが度々演奏に訪れました。また、ジョージ川口、原信夫など後年わが国を代表するミュージシャンたちが熱い演奏を繰り広げるなど、全国に本場アメリカの香りの音楽を発信していました。

大劇場(よこすか芸術劇場)と小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)の2つの異なる顔を持つ劇場からなり、オープン以来、国内外の有数のオペラやバレエ、クラシック音楽など数多くの公演を行い、活力のある横須賀のシンボルとして<芸術文化と賑ぎわい>の拠点となっています。

  • ショップ・スポット名
    横須賀芸術劇場
  • 住所
    神奈川県横須賀市本町3-27
  • 電話
    046-828-1600
  • 営業時間
    【休館日】毎月第2水曜日、および年末年始
  • 駐車場
    有(有料地下駐車場〈ベイスクエア・パーキング〉) ※地下駐車場は一般駐車場のため、曜日・時間帯によっては、大変混雑します。特に車高1.7mを超える車は駐車できない場合もありますので、ご注意ください。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • こどものための出張型造形美術ワークショップ参加者大募集!

    開催期間:2018.08.19〜2018.12.09
  • よこすか芸術劇場に清らかなハーモニーが響きわたるクリスマス

    開催期間:2018.12.16
  • 大人のためのコミック誌『ビッグコミック』50 年の歴史を一望!!

    開催期間:2018.11.10〜2019.01.14
  • 現存が少ない貴重な資料「歌舞伎組上燈籠」に出会える!!

    開催期間:2018.11.10〜2018.12.09