mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

尼と漁師の恋物語を日本語オペラで…かなっくホールでも上演!

 

子供の時に、日本人のオペラ『カルメン』を観た。日本人が、カルメンを演じるのを観て「変だ」と想い、違和感を覚えた。その時、「日本のオペラがあったら良いのに。」と思った。時を経て、ある日、「日本のオペラを創ろう!」と、思ったところ、突然、天から降って来たようにストンと落ちて来たのが、『尼の泣き水』だった! 郷土の伝説をオペラにしよう! 日本女性の愛と献身を描こう!と考えた。日本には、能という舞台形式が存在する。日本人は、想像力豊かな国民であるので、松1本で、場面が想像できる。ピアノの繊細さを活かし、如何なる場所でも、ピアノ1台あれば、上演できるようにした。「全国民に生で、オペラを観ていただきたい。」これが、私の願いである。『尼の泣き水』は、日本語による、日本人の感性による、日本独自のオペラ。子供達が華を添えてくれる。ご期待くださいませ。
ーーー脚本・作曲 甘利真美

 

あらすじ 〜いにしえの恋〜
今から約1200年前、時は、奈良時代。天平13年、聖武天皇が、全国に国分寺建立の詔勅を出されました。相模の国の国分寺は、海老名に建立されました。法隆寺形式で建てられ、全国でも二番目の規模といわれる壮大なものでありました。わけても天を突くような七重の塔は華麗を究めており塔の先端(水煙)には金がほどこされ、朝な夕な陽に煌めき、人々は讃嘆しておりました。

そのころ、国分寺の下を流れる相模川で、魚を取って暮らしていた若い漁師がいました。或る日、国分寺尼寺の尼と漁師が出会い、美しい二人は、たちまち、恋に堕ちてしまいます。二人は夜ごと、ひっそりと会うようになります。ところが、漁師が日ごとにやつれて行くので、尼は「どうしたのですか。何か心配ごとでもあるのですか」とたずねました。「国分寺の七重の塔があまりにまぶしく輝くので、魚が遠くへ逃げてしまい、魚がとれないのです。この地をはなれなければなりません。」と尼に別れを告げました。別れを告げられた尼は、「あの塔さえ無ければ。。」と思い、ある決心をします。そして・・・

 

 

創作オペラ 相模の国の伝説
尼の泣き水
国分寺にまつわる尼と漁師の恋
[日時]2019年1月7日(月)13:00〜(12:30開場)
[会場]かなっくホール
[脚本・作曲]甘利真美
[出演]甘利真美(尼/ソプラノ)、照屋博史(漁師・代官/バリトン〈藤原歌劇団〉)、川上史子(ピアノ)、ほか
[料金](全席自由)一般¥4,000(当日¥4,500)、高校生以下¥2,800
[主催]海老名芸術プロジェクト
[チケット販売]
■海老名芸術プロジェクト事務局 TEL.046-232-3194
■かなっくホール TEL.045-440-1211
*公式サイトはこちら!!
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

集い、ふれあい、つくりだすこころを
ここ、かなっくホールから。

JR東神奈川駅と京浜急行仲木戸駅をつなぐペデストリアンデッキは、かなっくホールのエントランスへとつながっています。ホールは可動式プロセニアムや音響反射板を備え、様々な表情をつくることができ、音楽、演劇など幅広いジャンルにご利用いただけます。2室のギャラリー、音楽ルーム、練習室と合わせ、文化の新たなシーンを生み出す場としてご活用ください。

  • ショップ・スポット名
    神奈川区民文化センター かなっくホール
  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-10-1
  • 電話
    045-440-1211
  • 営業時間
    9:00〜22:00 ※ 毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日)は保守点検日のため、かなっくホールのすべての施設をご利用いただけません。 また、年末年始(12月29日〜1月3日)は休館。

このスポットの記事

関連記事

  • 豪華出演者! みなとみらいホールで華やかに新年を迎えよう

    開催期間:2018.12.31
  • 日本最大級のハンドメイドイベント「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」

    開催期間:2018.11.17〜2018.11.18
  • 2年ぶりに鎌倉へ帰ってくる! 矢野顕子の弾き語りコンサート

    開催期間:2018.12.20
  • ヴォーカル、ドラム、ベース…大人のスタンダードジャズをたっぷりと

    開催期間:2019.03.23