mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

横浜のお台場は軍事施設だった! 開港前後の横浜を知ろう

 

横浜市域で唯一の海防砲台である「神奈川台場」は勝海舟によって設計され、1年の築造工事を経て、1860年に完成しました。砲台は、外交儀礼のための祝砲や礼砲の発射に用いられましたが、明治32(1899)年に外国人居留地が撤廃されると、神奈川台場は廃止され、現在ではその大部分がJR貨物「東高島」駅の敷地となっています。展示では、近年の発掘調査によってわかってきた台場の構造や、台場築造の時代背景となる開港前後の横浜をめぐる情勢について、遺物と文献資料による展示を行います。

 

 

平成30年度 横浜の遺跡展
「横浜のお台場―発掘に見るコウモリ台場とその時代」

[日時]11月20日(火)〜12月16日(日)
火~金曜日9:30〜20:30、土~月曜日・祝日9:30〜17:00
[会場]横浜市中央図書館 1F展示スペース
[料金]無料
[主催](公財)横浜市ふるさと歴史財団 埋蔵文化財センター、横浜市中央図書館
[TEL]045-890-1155(埋蔵文化財センター)、045-262-7336(横浜市中央図書館)
[URL]https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/maibun/

 

*関連イベントはこちら
「横浜の遺跡展」関連講演会
「解き明かせ! 横浜お台場ー発掘に見るコウモリ台場とその時代」
詳細はこちらでご確認ください!

神奈川県横浜市西区にある、160万冊以上の蔵書を持つ、県内最大規模の図書館です。

1階には「小説と暮らしのコーナー」や「子どもの本コーナー」、地下1階には「音楽映像ライブラリー」があります。また、3階から5階には、横浜に関する資料や調査・研究に役立つ資料などが揃っています。「法情報コーナー」、「ビジネス資料コーナー」、「医療・健康情報コーナー」などの専門コーナーも設けています。

各階にいる司書が、調査のお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお出かけください。おはなし会や講座、展示等のイベントも随時行っています。

  • ショップ・スポット名
    横浜市中央図書館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区老松町1
  • 電話
    045-262-0052
  • 営業時間
    9:30〜20:30 (土・日・月曜日、祝日、12/28は9:30〜17:00) (1/4は12:00〜17:00) 【休館日】施設点検日(月1回)、年末年始(12/29〜1/3)、図書特別整理日、臨時休館日

このスポットの記事

関連記事

  • GPSなんてなかった昔、海上で経度はどうやって測ったの??

    開催期間:2018.11.03〜2019.02.03
  • 伝説や民話が題材「地劇」ミュージカル公開コンペ出場者募集!

    開催期間:2018.10.19〜2018.11.30
  • 横浜出身の名ヴァイオリニスト鈴木理恵子が送る、極上の室内楽

    開催期間:2018.11.24
  • 1年の締めくくりは、横須賀市民による歓喜の歌で!

    開催期間:2018.12.09