mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

大好評! とっても不思議な“五角形パズル”の世界を体験しよう

 

はまぎん こども宇宙科学館では、2018年7月21日(土)〜9月2日(日)に開催していた4F「五角形パズル」の展示を好評につき、2018年11月1日(木)より常設展示として公開します。この五角形パズルは1種類の五角形をいろいろなパターンに敷き詰めるパズルで、“テセレーション”とよばれるものに該当します。「テセレーション」は、今年生誕120周年であり作品展覧会で人気を博しているマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898-1972)が作品でよく使ったモチーフでもあります。

このパズルの五角形のように、隙間なく敷き詰められる五角形は、現在までに15種類(15ファミリー)知られています(*)。このような五角形が15種類だけなのかは確定していないので、新たに見つかる可能性もあります。この機会に、“敷き詰められる五角形”の不思議を体験してみてはいかがでしょうか。
(*)同形・同サイズの1種類だけでテセレーションを作ることができる凸五角形の場合。

「テセレーション」とは…
隙間や重なりがないようにある形を敷き詰めたものを「テセレーション」といいます。合同な1種類の形で平面を敷き詰めることができる正多角形は、正三角形、正方形、正六角形の3つのみであり、2,500年以上前にピタゴラスらによって証明されました。

 

 

11/1(木)〜 五角形パズル常設展示公開!
はまぎん こども宇宙科学館

[開館時間]9:30〜17:00 ※最終入館は16:00まで。
[会場]はまぎん こども宇宙科学館 4F 宇宙研究室(奥)テセレーション展示エリア
[料金](入館料)大人¥400、小・中学生¥200、4歳以下無料
[TEL]045-832-1166(はまぎん こども宇宙科学館)
[URL]http://www.yokohama-kagakukan.jp

5FからB2まである館全体は、宇宙船をモチーフにしています。
各フロアは、それぞれにコンセプトがあり、宇宙の広がりをさぐる「宇宙船長室」、カミナリやオーロラのふしぎにふれる「宇宙発見室」、“月面ジャンプ”や“空間移動ユニット”が人気の「宇宙トレーニング室」など、体験型展示が豊富です。子どもから大人まで、自分でふれて体感して、楽しく遊びながら宇宙や科学のふしぎにふれることができます。
5Fキャプテンシアターでは、身近なものを使って科学に親しむことができる「サイエンス・ショウ」を土・日・祝日に開催。
宇宙劇場では、直径23mのドーム全体に広がる迫力の映像と、リアルで美しい星がつくりだす、臨場感あふれる宇宙を体験できます。小さなお子さまから大人まで楽しめるプログラムをご用意しています。全ての番組で約15分間、スタッフによる星空の解説を行います。
その他、月に2回程度、星空観察会を開催。実際の星空のもと、星の解説を行ったり、天体望遠鏡を使った観察をします。


【入館料】
大人 400円、小・中学生200円
【宇宙劇場(プラネタリウム)入場料】
大人(高校生以上)600円、小人(4才以上中学生以下)300円
※3才以下のお子様でも座席をご利用の場合は有料。
※宇宙劇場(プラネタリウム)のみご利用の場合も、入館料が必要です。
※団体料金は有料の方30名様以上に適用いたします。

  • ショップ・スポット名
    はまぎん こども宇宙科学館
    施設の情報を見る >
  • 住所
    神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
  • 電話
    045-832-1166
  • 営業時間
    9:30~17:00(最終入館は16:00まで) 【休館日】第1・3火曜日、年末年始、臨時休館
  • 駐車場
    有(乗用車約70台/1回700円) ※車いすをご利用でお手帳をご提示の場合、駐車料金が無料となります。
  • 予約
    ※団体料金は有料の方30名様以上に適用いたします。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • プロジェクションマッピングで『星の王子さま』の物語の世界へ

    開催期間:2018.11.03〜2019.01.07
  • 教授たちの愉快なトークとともにお届けするクラシックコンサート

    開催期間:2018.11.22
  • 広津和郎と画家たちとの書簡、自身が描いた絵画など約30点を展示

    開催期間:2018.12.08〜2019.01.20
  • ガーデンネックレス横浜