mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

世界の文化を「人形」の視点から見て、気軽に楽しむ。

横浜市に寄贈された、大野英子氏、太田ますい氏らの人形コレクションを中心に、現在では140以上の国と地域、1万点以上の人形を所蔵する国内唯一の施設。子どもはもちろん、人形と一緒に遊んだ時代を懐かしく感じる大人にとっても、楽しい時間を過ごせる場所だ。
もちろん、たかが人形と侮ることなかれ。人形は子どものおもちゃであると同時に、世界の民族や風俗、歴史を伝える「文化大使」にもなり得るのだから。ここで見ることができる人形は、人間国宝の作品からぬいぐるみ、昨今のクールジャパンの象徴ともいえるフィギュアまで、驚くほど幅広い。それを「玩具」と見るのか、「アート」や「ファッション」「伝統文化」と見るかは、あなた次第。


エントランスホールから展示室に入ると、世界100以上の国と地域の民族人形や、日本の郷土人形などがお出迎え。


展示品は適宜入れ替わるが、見るだけでなく、実際に触ったり、動かしたりして遊べる展示を心がけているそうなので、子どもたちが世界を感じるきっかけになるかも。


3階へ上がる階段の壁には、公募で集まった「人形と過ごした思い出」の写真を展示。社会現象になった人形もあれば、時代とともにスタイルが変化してきた人形もある。年代順に展示されているので、自分の子ども時代を振り返りながら、3世代で楽しめそう。


3階は、西洋の人形と日本の人形、2つのコーナーで構成。人間国宝の作品やビスクドールの名品など、芸術性に富んだ素晴らしい人形に会える。


日本の市松人形と西洋のビスクドール。デザインだけでなく、素材やパーツの違いを実際に手で触れて比較できる「人形師の工房」。映像と合わせて見ることで、それぞれの制作工程や職人の技を並行して学べる点が興味深い。

横浜人形の家

横浜人形の家は「横浜発・世界の人形ふれあいクルーズ」をコンセプトに展開する、世代を超えて楽しめるドールミュージアムです。地域色豊かな人形や人間国宝の手による貴重な人形など、常時1,000体以上を展示。また、家族みんなで楽しめる企画展やイベントを開催しています。併設のミュージアムショップ、カフェもございます。

  • ショップ・スポット名
    横浜人形の家
  • 住所
    横浜市中区山下町18
  • 電話
    045-671-9361
  • 営業時間
    9:30〜17:00(入館は16:30まで) 休館日 毎週月曜日(該当日が祝日に当たる場合その翌日)年末年始
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 「YAMABIKO」で人気急上昇のシンガーソングライター・NakamuraEmiさん

  • おいしくて、からだにやさしい「野草茶」のこと。

  • 住居、時々ギャラリー&パーティ会場!?

  • 本場スペインの味を手軽に楽しむならランチタイムがオススメ!