mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

意外と知らない、シルクの歴史と美しさに感動!

1859年の開港から昭和の初めまで、日本の主要輸出品として日本経済を支えた生糸。1909年には世界一の生糸輸出国だった。そんな歴史をはじめ、「シルク」を科学や産業などさまざまな角度から学べる博物館。
実は、シルクを専門的に扱った施設は世界的に見ても珍しいのだとか。シルク大好きな女性はもちろん、素材に触れられるコーナーも用意されているので、子どもたちでも楽しめる。


入口ではオリジナルキャラクター「まゆるん」がお出迎え。まわた(シルクのわた)約1キログラム、蚕の繭にして約3,000粒を使用して作られている。

シルクの原料は、言うまでもないけれど、蚕が繭を作るために吐き出した細い糸。春から秋にかけては蚕の飼育観察ができるので、生態や繭が作られる過程をじっくりみることができる。


繭ができたら「糸くり」。1粒の繭は1本の生糸からできているので、うまく糸口を見つければ、1粒の繭から約1,300メートルの生糸がとれる。


生糸を使って機織り体験。1,300本の縦糸が張られた織り機で「トントン」と30回やって、ようやく1センチ分織り上がる。スカーフ1枚に約110粒、和装着物一式には約9,000粒の繭が使われている!


日本はもとより、世界の民族衣装にはシルクが多く用いられている。「シルクのあゆみ」ゾーンでは、日本の古代から現代まで、風俗衣装をたどりながら、シルクの美しさが堪能できる。


生糸を使ったランプシェード作り、まゆ人形作りなど、子ども向けのワークショップも随時開催。詳しくはシルク博物館ホームページで確認を。

シルク博物館

シルク博物館では、絹の科学や技術の理解を深めるとともに、絹服飾の工芸美の鑑賞の場の提供などを行っています。特別展など、さまざまな展示や講習会の開催などを通じて、絹の需要の促進に努めています。

  • ショップ・スポット名
    シルク博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町1
  • 電話
    045-641-0841
  • 営業時間
    午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで) 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月4日) ※展示替のため臨時休館することがあります。

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 世界の文化を「人形」の視点から見て、気軽に楽しむ。

  • 1/11 5FにNEW SHOP「加圧ビューティーテラス」がOPEN!!

  • 不思議な階段。これ、なんだろう?その答えは…!!!!

  • GO、GO、GO! みなとみらいを 一緒にサイクリング♪