mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

みなと横浜のシンボル。豪華貨客船の内部を探検!

山下公園の前に係留されている氷川丸といえば、喜劇王チャップリンも乗船したことで知られる豪華貨客船だ。1930年にシアトル航路用に建造され、第二次対戦を挟んで船齢30年で引退するまでの間に、太平洋横断254回、2万5千人余名の船客を運んだという堂々たる経歴を持っている。
一時は海の教室のユースホステルやビアガーデンとしても活用されていたが、現在は当時の姿に近い形に復元され、一般公開されている。船内には、古き良き時代の船旅の世界が広がり、つかの間の旅情を味わうにはぴったり。



一等船客専用の食堂は、フラン人デザイナー、マルク・シモンのデザイン。中央の高い天井、アール・デコの装飾など、豪華なしつらえがほぼ当時のまま再現されている。テーブル上には豪華なディナー風景も。


操舵室は船の司令室。操舵を握れば、豪華貨客船の船員になった気分。


竣工当時、最新鋭だったエンジンが、現役時代そのままに残されている機関室。いまや貴重な産業遺産だ。


貨客船として活躍した華やかな時代、病院船に改装された戦中、そして戦後再びシアトル航路へ復帰するまでの、氷川丸の航跡をたどる展示。このエリアには、かつて三等客室が配置されていた。


お土産は氷川丸桟橋入口にあるボードウォークショップで。おすすめは「氷川丸ドライカリー」2食入り各820円。「北太平洋の女王」と呼ばれた氷川丸で、多くの人々を魅了した伝統の味をお試しあれ。

日本郵船氷川丸

1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速 貨客船。喜劇王チャップリンも乗船しました。第二次大戦中は海軍の病院船として活躍。 2003年には横浜市指定有形文化財に指定されています。

  • ショップ・スポット名
    日本郵船氷川丸
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
  • 電話
    045-641-4362
  • 営業時間
    日本郵船氷川丸 10:00〜17:00(ご入館は16:30まで) 月曜休館日
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • アペリティフ365 in 横濱 2017

  • 週1回、たった30分でOK!自分のペースできれいを磨く

  • 食べ過ぎてしまうこの時季に旬の「カブ」を食べよう♪

  • 機能的でタイムレス。修理や買取体制も万全。