mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

見て! 触って! 世界を感じてみよう!

サークルウォークを通って2階から中に入ると、ガラス張りの明るいホールが広がっている。「国際協力機構」という名称に敷居が高いイメージを持っていたけれど、実は子どもたちでも楽しめる工夫がいっぱいだ。エントランス・ホールでは、2〜3カ月ごとにテーマを変えて、世界を感じられる展示を行っている。必見は、JICA横浜ならではの特徴的な施設「海外移住資料館」。参加型の展示は子どもたちにもわかりやすく、夏休みの自由研究のテーマにもなりそう。お勉強してお腹が空いたら、各国料理が楽しめる3階のレストランへGO!



2階入り口近くにはアジアやアフリカ諸国の楽器が展示され、子どもたちがいつでも自由に遊べる。地球儀でその国の場所を確かめながら、振って、叩いて、「世界」を体感してみては?


「海外移住資料館」は入館無料。館内展示を見ながら書き込みもできる「PASSPORT」をもらって、いざ、入館。


入り口にあるこれは何? 答えは実物で。

展示の前半は日本人の移住の歴史。日本初の「パスポート」もあるよ!

日本人の海外移住の歴史と変遷を立体的に展示。実際に手で触れたり、動かしたりできるコーナーもある。最後は「PASSPORT」にスタンプを押すのもお忘れなく。



お昼は3階にある港が見えるレストラン「Port Terrace Cafe」で、食で世界を感じよう。エスニックなメニューが週替わりで並ぶほか、ベジタリアンやハラルなど、日本人には馴染みの薄い食習慣も体験できる。気持ちのいいテラス席もあって、ランチは500円前後〜ととってもおトクなので、ランチ・スポットとしておさえておきたい。夜は、港の夜景を眺めながら世界のビールやディナーが楽しめる。
昼食 11時30分〜14時(ラストオーダー13時30分)
喫茶 14時〜17時(土曜・日曜・祝祭日のみ営業)
夕食 17時30分〜21時(ラストオーダー20時30分)
[TEL]045-641-1498


この週のエスニック・メニューは「ガパオガイラートカオ」600円。日本人にも食べやすくアレンジされているので、エスニック料理に馴染みのない方もチャレンジしてみて。

週替わりメニューは、ハラルカレー、具だくさんカレー、パスタなど7種類。この日の「麺」は、ウズベキスタンの「ラグマン」700円。メニューを見ただけではどんな料理かわからないので、まずは食べてみて。今まで知らなかった海外の国が、ちょっぴり身近に感じられるようになるかも。

JICA横浜

赤レンガ倉庫を目の前にしたみなとみらい21地区に位置し、市民の皆さまに愛されるセンターを目指して、神奈川県におけるJICAの総合的な拠点として2002年に開設されました。
横浜市などの自治体、大学・学校、NGO、民間企業などと連携し、横浜ならではの国際協力を実践しています。

2Fにある【海外移住資料館】では、日本から海外へ移住した日本人移住者の歴史・生活・体験や、世界各地に存在する日系社会の現在の様子などを展示。【図書資料室】では、世界の絵本や移住関連資料を見ることができます。
3Fには、港が見えるレストラン 【Port Terrace Cafe】があり、ゆっくり過ごせます。
(入館料:無料)

マップ

オススメ!掲載記事

同じ施設のお店・スポット

  • JICA横浜
    [JICA横浜 ]

  • Port Terrace Cafe
    [JICA横浜 3F]

関連記事

  • どんなシーンにもマッチするシンプルでユニセックスなデザイン

  • チーズ好きさんには絶対におすすめのお店!

  • 記念日コンシェルジュさんがコーディネート!~プロポーズ編~

  • 地産地消の新しいカタチ「神奈川食べる通信」