mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

元年者(がんねんもの)とは? ハワイ移民の歴史を辿る展覧会

(TOP写真)八世代まで広がる明治元年に移住した佐藤徳次郎の子孫(撮影:鈴木啓)2018年

 

今から150年前の1868年、横浜から出港した約150人の日本人がハワイへ到着しました。これが日本からハワイへの集団移住の始まりとされます。この後、明治維新により江戸時代は終わり、彼らはのちに「元年者(がんねんもの)」と呼ばれました。今回の企画展示では、元年者に始まったハワイ初期移民の歴史と、ハワイで発行された日本語新聞が日系社会で果たした役割をパネルで解説するほか、外務省外交史料館が所蔵する条約書や元年者に関する貴重な史料を展示します。

企画展開催に伴い、関連の公開講座も予定しております。条約書やパスポート等、展示史料に関する話を「聞く」ことでより深く展示を理解することができる講座です!ぜひご参加ください。

 

 

ハワイ日本人移住150周年記念企画展示
元年者に始まるハワイ移民と邦字紙が果たした役割
[日時]10月6日(土)〜12月24日(月・祝)10:00〜18:00(最終入館17:30まで)
[会場]JICA横浜 2F海外移住資料館 企画展示室
[休館日]月曜日(祝日の場合は翌日)
[料金]無料
[主催]JICA横浜 海外移住資料館
[TEL]045-663-3257(JICA横浜 海外移住資料館)
*公式HPはこちらから!!

 

関連イベントはこちら!!
公開講座
バックヤードから語る移民史
〜外交史料こぼれ話〜
外務省外交史料館で30年以上にわたり外交史料の収集、整理に携わった経験や、資料調査に関するエピソードなどをお話いただきます。また、外交史料館より借用し展示している条約書やパスポートなどの見どころについて概説していただきます。
[日時]11月3日(土・祝)14:00〜15:00
[会場]JICA横浜 会議室1
[講師]柳下宙子(元外務省外交史料館課長補佐〈閲覧室長、整理保存室長を歴任〉)
[料金]無料(予約不要)
[TEL]045-663-3257(JICA横浜 海外移住資料館)

赤レンガ倉庫を目の前にしたみなとみらい21地区に位置し、市民の皆さまに愛されるセンターを目指して、神奈川県におけるJICAの総合的な拠点として2002年に開設されました。
横浜市などの自治体、大学・学校、NGO、民間企業などと連携し、横浜ならではの国際協力を実践しています。

2Fにある【海外移住資料館】では、日本から海外へ移住した日本人移住者の歴史・生活・体験や、世界各地に存在する日系社会の現在の様子などを展示。【図書資料室】では、世界の絵本や移住関連資料を見ることができます。
3Fには、港が見えるレストラン 【Port Terrace Cafe】があり、ゆっくり過ごせます。
(入館料:無料)

このスポットの記事

関連記事

  • 大人のためのコミック誌『ビッグコミック』50 年の歴史を一望!!

    開催期間:2018.11.10〜2019.01.14
  • 日本画の巨匠・小倉遊亀、モダンで明るく慈愛に満ちた作品約120 点

    開催期間:2018.10.06〜2018.11.18
  • 豪華出演者! みなとみらいホールで華やかに新年を迎えよう

    開催期間:2018.12.31
  • 「さるびあ落語」、11月は古今亭今いちが笑わせます!

    開催期間:2018.11.14