mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

未来へ色とりどりのアートの花が咲くよう願いをこめた展覧会

 

川崎市では、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機に、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めていくため「かわさきパラムーブメント」を展開しています。その取り組みの一つとして、障がいの有無に関わらず、作品の魅力をダイレクトに感じてもらう展覧会を開催します。

未来へつながる才能の育成と発掘を目的として、市内の障がい者福祉サービス事業所から立ち上がったstudio FLATや市内の施設等で活躍するアーティスト約40名、そして市立特別支援学校の子どもたちの作品等を展示します。

子どもたちの作品等は、川崎市のロゴマークにちなんだ光の三原色(赤、緑、黄)の花が咲くようにレイアウトします。この3つの光を組み合わせると、沢山の色(colors)になることから、多様性を表すこの言葉を今回の展覧会名としました。未来に向けて色とりどりのアートの花が咲くよう願いをこめ、そしてこの展覧会をきっかけに障がい者アート、アールブリュット(生の芸術)、アウトサイダーなど特別な呼称をされない多様な社会を目指します。

 

 

Colors かわさき展
~未来へ向け色とりどりのアートが花咲く~
[日時]11月16日(金)〜25日(日)10:00〜18:00
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール 4F企画展示室
[参加作家]半澤真人☆ / 岡浩子 / 清井了支☆ / 小林祥平 / 関友里恵 / 宮本憲史朗☆ / 西川匠 / 伊藤一 / 杉本直樹 / 澁谷遊歩 / 小泉稔 / 戸崎健也(「崎」はたつさき) / 伊藤有里 / 勝田麻由美 / 佐藤啓子 / 荻野奈央 / 浜村啓子 / 岩崎有里 / 岡田隆之 / 伊藤信子 / 中村美津子 / 鵜沼ゆかり / 鈴木涼太郎 / 竹葉聖也 / 阿部堅太 / 中西春美 / 山内健資 / 平田貴子☆ / 関根利治 / 松本陽聖 / 土田樹 / 大谷恵里香 / 井上義男 / 長瀬明代 / 中道一輝☆ / 佐田智紀 / 山本健児 / 道田亮雄 / 池田誠 / 八木志基 / 川崎市立中央支援学校高等部・創作部&高等部分教室・文化部 / 川崎市立田島支援学校高等部 / 川崎市立聾学校小学部 / どりーむ東小倉保育園きりん組 / どりーむ保育園ひつじ組
※☆が付いているアーティストはエイブルアート登録作家です。
[料金]無料
[主催]川崎市、公益財団法人 川崎市文化財団
[TEL]044-272-7366(公益財団法人 川崎市文化財団)
*公式のイベント紹介サイトはこちら!!

川崎市は長らく工業都市として国内の産業を支えてきましたが、産業構造が変化するなかで、川崎市が文化都市へと変貌していくシンボルとしてミューザ川崎シンフォニーホールは2004年に誕生しました。そして、世界有数の音響を誇ることが評価され、著名なオーケストラによる公演が行われる音楽の殿堂としての地位を確立するなど、川崎市が進める「音楽によるまちづくり」に貢献してきました。また、川崎市とフランチャイズ提携を結んだ東京交響楽団がミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地に日々のリハーサルも含めて活動し、日本のトップランナーとして音楽芸術の創造・発信を行っています。

ミューザ川崎シンフォニーホールは演奏家のポテンシャルを最大限に発揮する優れた音響環境を提供し、心を込めてホールに来るすべての方々をお迎えします。また川崎市を代表する文化拠点として、オーケストラならびに多様なジャンルの音楽家と手を携え、音楽文化の発信と交流の「座」となるホールを目指します。

  • ショップ・スポット名
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 住所
    神奈川県川崎市幸区大宮町1310
  • 電話
    044-520-0100
  • 駐車場
    有(有料) 【収容台数】343台【営業時間】24時間営業【時間・料金】7:00〜24:00(15分ごと)¥100、24:00〜7:00(60分ごと)¥100
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 図案家ってどんなお仕事?…ポスター、カレンダーから探ろう!

    開催期間:2018.07.21〜2018.10.28
  • 画家・坂下昿吉の未発表作品を含めて約40点あまりを展示

    開催期間:2018.11.12〜2018.11.24
  • 20世紀前半を代表する花鳥画家の世界を知る!

    開催期間:2018.09.09〜2018.11.04
  • 月の光の中で浮かび上がる、平松礼二が描き出した詩的な世界

    開催期間:2018.10.04〜2018.11.26