mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「岡田美術館」でアートと自然、癒しのフルコースを体験!

日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品が常時約450点展示されている、極上の美の殿堂「岡田美術館」。広大な敷地内には、美術館と庭園、100%源泉かけ流しの足湯カフェなど、自然と一体化したアート空間が広がっています。

 

[岡田美術館外観]

 

[美術館正面の壁画]
福井江太郎「風・刻」(かぜ・とき)平成25年(2013)
〈画像提供〉岡田美術館

現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦12メートル、横30メートルの風神・雷神の大壁画です。

 

美術館にはカメラや携帯の持ち込みは禁止されているので、受付前にあるロッカーに預けます。入館時には、セキュリティーチェックを受けます。
入館後は、大壁画「風・刻(かぜ・とき)」がお出迎え。風神・雷神を見上げながら1F展示室へ。当然ですが・・・よく考えられた照明、展示品が美しく見える配置が素晴らしく、どこから見ても展示品が美しく見えました。

3Fまでじっくり鑑賞した後はちょっと休憩。足湯カフェへ!
美術館は当日に限り、再入館できます。(チケットの確認有り)

[足湯カフェ]

〈イメージ画像〉岡田美術館提供

足湯は、100%源泉かけ流し(アルカリ性泉質)。美術館入館者は、入湯料が無料になります。(入館者以外は入湯料¥500)

 

温かい足湯に浸かりながら、ゆったりとカフェタイム♪

〈左〉プレミアムコーヒー(ホット) ¥400(税込)

〈右〉自家製あんを使ったお汁粉(ホット) ¥500(税込)

注文後、料金はその場でお支払い。
正面の風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」を鑑賞しながら足湯に浸かり、温かいコーヒーとお汁粉で心も体もほっこり。美術館でこんな体験ができるなんて!来てよかったなと思いました!!

 

[開化亭]
〈画像提供〉岡田美術館

昭和初期の日本家屋を改装した風流な飲食施設。
お食事や喫茶を楽しめます。

開化亭内より風情のあるお庭を眺めながら、くつろぎのひとときを。
「ししおどし」や小さな滝もありますよ!

[庭園入口]

入園料 ¥300 (お支払いは開化亭にて)
※現在、渓流散策コースは源泉整備のため閉鎖されています。
渓流散策コース以外は通常通り開放されていますが、整備中は入園無料。源泉整備は完了次第、岡田美術館HP上でお知らせする予定です。

よく手入れされたきれいな庭園では、四季折々の変化を楽しむことができます。苔むした石、季節の草花、木のにおい、おいしい空気など、たくさんの自然に包まれながら園内を散策。森林浴で頭もスッキリ!
庭園では、石段を登ったり、急な道があったりするので、スニーカーなど歩きやすい靴を履いていくことをおススメします!

庭園散策をした後は、また美術館へ。4F・5Fの展示室を楽しみました。

ミュージアムショップには、岡田美術館でしか買えないお土産も!
ショコラティエ・三浦直樹氏による「Okada Museum Chocolate『福井江太郎 風・刻』」¥4,800(税込)HSG©FUKUI 〈画像提供〉岡田美術館

ミュージアムショップでは、図録やポストカード、一筆箋などの文具のほか、温泉地に欠かせないてぬぐいや雑貨なども!また、岡田美術館でしか買えない、専属ショコラティエによるオリジナルチョコレートも魅力です!

秋の紅葉も美しい!

〈画像提供〉岡田美術館


箱根旅行で初めて訪れた「岡田美術館」。箱根の自然豊かな環境の中、アートを楽しみ、心癒され、行ってよかったなと心から思いました。また好きな場所が一つ増えてうれしかったです!

箱根旅行に行かれた際は、ぜひ「岡田美術館」に立ち寄ってはいかがでしょうか?

岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約450点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦12メートル、横30メートルの風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。観覧後は、100%源泉かけ流しの足湯カフェや、庭園散策をお楽しみいただけます。

  • ショップ・スポット名
    岡田美術館
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
  • 電話
    0460-87-3931
  • 営業時間
    【開館時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】12月31日、1月1日、展示替のため臨時休館あり
  • 駐車場
    有(80台、うち身障者用2台)。美術館ご利用の方は駐車料金無料です。
  • 平均利用額
    【入館料】一般・大学生¥2,800、小中高生¥1,800
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 100組を超えるクリエイターが参加! 街なかフェスを気軽に楽しむ

    開催期間:2018.11.03〜2018.11.04
  • 夢と狂気のあわいを彷徨う現代銅版画家、駒井哲郎の宇宙へ

    開催期間:2018.10.13〜2018.12.16
  • 【19】子どもたちとアートを「体験」する

  • 馬の美術館で“馬と女性”の絵を集めた「猪熊弦一郎展」開催!!

    開催期間:2018.10.06〜2018.12.02