mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

江戸時代創業の老舗旅館の流れを汲む、足湯のある人気カフェ!

箱根登山鉄道 「宮ノ下駅」改札を出て坂道を下ると、すぐ目に入る[NARAYA CAFE]。江戸時代から300年続いた箱根の老舗旅館[奈良屋]の従業員寮をリノベーションして出来たカフェです。
歴史を生かしながら、時代に合った新しい形で生まれ変わった、とてもオシャレで居心地がよく、そしてどこか郷愁的な雰囲気のあるカフェです。

 

お店は、箱根登山鉄道「宮ノ下駅」改札を出て坂を下るとすぐ。足湯が目印!

 

お店入口
足湯は奈良屋旅館時代の源泉を利用しているそうです!営業時間中、無料で自由に利用できます。

 

 

注文はカウンターにて前払い制

注文後は、足湯で温まりながら、もしくは店内でまったりとカフェタイムを楽しめます!

 

メニュー表の最後には、お店の歴史についても書かれています。
外国のお客さまも多いそうで、英語表記もされています!

 

 

スイーツメニューもたくさん!

 

こちらを注文!
ナラヤパフェ ¥550(税込)
コーヒー ¥400(税込)

トッピングは、〈こしあん・ごまあん・うぐいすあん・きせつあん〉から選びます。私は〈ごまあん〉をチョイス!
ソフトクリームと甘さ控えめで優しい風味の〈ごまあん〉のハーモニーを楽しみました♪

カフェ2Fはギャラリースペースとなっています。ギャラリーとして展示が行われるほか、客席としても利用されています。

 

2F席から見てみると~
[奈良屋旅館]の木の枠組みから、その歴史とぬくもりを感じます。癒し空間が広がる店内で、ゆったりとカフェタイムを楽しみました!

 

向こうには、足湯を楽しむお客さまが見えます。

 

カフェの隣の建物にあるブックスペースNARAYA TABI BOOKS

様々な場所や時を経てこの場所に来た本を読みながら、カフェタイムを楽しめます♪
壁には、様々な場所から来たお客さまのメッセージが、所狭しと貼られています。

 

ならやあん]

木のぬくもりを感じるもの、近隣の作家さんの作品を販売している[ならやあん]が、カフェと足湯をはさんだ向かいの建物にあります。

 

「NARAYA CAFE」は、箱根旅行をより楽しく、思い出深いものにしてくれます。
箱根旅行の際は、ぜひお店に立ち寄ってみてくださいね!

 

NARAYA CAFE(ナラヤ カフェ)[交通]箱根登山鉄道宮ノ下駅下車徒歩約1分[住所]神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下 404-13[営業]10時30分〜18時00分
(12月〜1月は17時00分まで)水曜日・第4木曜日定休[TEL]0460-82-1259

箱根登山鉄道「 宮ノ下駅」を降りるとすぐ、足湯が目に入ります。ここは江戸時代から300年続いた箱根の老舗旅館[奈良屋]の従業員寮をリノベーションして出来たカフェです。足湯には旅館時代の源泉が掛け流され、常に国内外の旅行者で賑わっています。足湯に入りながらピザなどの軽食や、スィーツなども食べることが出来ます。〈アクセス〉箱根登山鉄道「宮ノ下駅」下車すぐ

  • ショップ・スポット名
    NARAYA CAFE
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下404-13
  • 電話
    0460-82-1259
  • 営業時間
    【営業時間】10:30〜18:00【定休日】水曜日・第4木曜日※冬期休業 1月中旬~下旬
  • 駐車場
    5台※駐車場満車の場合、50mほど強羅寄りの町営宮ノ下観光駐車場をご利用ください。
  • サービス料・チャージ
  • 総座数
    40席
  • 席種
    【眺望席】10席【カウンター】6席【オープンテラス】4席
  • ペット
    デッキ部分(屋外)のみ
  • URL

岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約450点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦12メートル、横30メートルの風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。観覧後は、100%源泉かけ流しの足湯カフェや、庭園散策をお楽しみいただけます。

  • ショップ・スポット名
    岡田美術館
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
  • 電話
    0460-87-3931
  • 営業時間
    【開館時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】12月31日、1月1日、展示替のため臨時休館あり
  • 駐車場
    有(80台、うち身障者用2台)。美術館ご利用の方は駐車料金無料です。
  • 平均利用額
    【入館料】一般・大学生¥2,800、小中高生¥1,800
  • URL

このスポットの記事