mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

20世紀前半を代表する花鳥画家の世界を知る!

開館20周年を迎えた茅ヶ崎市美術館では「版の美」と称し、年間の展覧会を通じて版画の魅力をお伝えしています。
シリーズ2回目となる本展は、実業家・原安三郎旧蔵の小原古邨作品の展覧会です。
小原古邨は海外で高い人気を誇るものの、国内ではあまり知られていませんでした。本展では中外産業株式会社のご協力のもと、摺および保存状態が極めて良い原コレクションの古邨作品およそ260点の中から230点を初公開し、古邨芸術の真骨頂をお伝えします。また、同じく原コレクションの歌川広重や歌川国芳などの貴重な花鳥画も10点展示するとともに、古邨のご遺族が所蔵する祥邨、豊邨(古邨の変名)の作品も参考出品します(作品はすべて前期・後期展示替え)。


原安三郎コレクション 小原古邨 《蓮に雀》 明治後期 紙、木版(多色)


原安三郎コレクション 小原古邨 《芥子に金糸雀》 明治後期 紙、木版(多色)


原安三郎コレクション 小原古邨 《雪の柳に烏》 明治後期 紙、木版(多色)


開館20周年記念-版の美Ⅱ-
原安三郎コレクション 小原古邨展 -花と鳥のエデン-
[会期]9月9日(日) ~11月4日(日)
[会場]茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
※前期・後期で全点入れ替え(前期のチケット提示で後期の観覧券¥200引き)
前期 9月9日(日)~10月8日(月・祝)/後期 10月11日(木)~11月4日(日)
[開館時間]10時00分~18時00分(入館は17時30分まで)
[休館日]月曜日(ただし9月10日、17日、24日、10月8日は開館)、
9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)、10日(水)
[入館料]一般¥700 大学生¥500
※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
[主催]公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
[TEL]0467-88-1177(茅ケ崎市美術館)
[URL]http://www.chigasaki-museum.jp/

関連記事

  • 【18】非日常の空間でアートを「観る」

  • インドネシアの子どもたちが描く、イロトリドリの世界♪

    開催期間:2018.07.14〜2018.07.27
  • モダンアート再訪

    開催期間:2018.09.15〜2018.11.04
  • 「バベルの末裔たち」をテーマに油彩、水彩、半立体作品を展覧

    開催期間:2018.11.06〜2018.11.22