mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

グラタン、スパゲッティー…迷うのが楽しい横浜下町の洋食屋さん

昭和の雰囲気たっぷり!
おいしいのはもちろん、
どこかほっとする洋食屋さん
【ミツワグリル】

何故だろう? 中華でも、和食でも、イタリアンでもなく、今日はこれ! と頭に浮かんだら何が何でも食べたくなるのは。…子どもも大人も大好きな「ニッポンの洋食」は、和食に並び古くから日本の食文化を支えてきました。扉を開ければお母さんの「いらっしゃい」があたたかく迎えてくれて、奥の厨房ではトック(コック帽)をかぶったお父さんが黙々とフライパンをふるっている。そして海老フライにカツレツ、スパゲッティーナポリタンなど悩ましいほどメニューがあって、懐かしい昭和の空気が心地いい。

今回ご紹介する洋食店「ミツワグリル」も同じ、昔ながらの佇まいでどこかホッとさせてくれるお店です。昭和28年創業、現在は2代目のご主人が看板を受け継いでいます。

同行したカメラマンがランチに選んだのは、さすが男子! しっかりいろいろと食べられるBランチ!


ミニハンバーグ、チキンカツ、スパゲッティ、ライス、ミソ汁がセットになってなんと580円!!!!! 安い〜驚きでメガテン〜(*_*;)
チキンカツは外側の衣はサックサク、中のお肉はやわらか〜(とカメラマン談)。で、一切れいただいたらマジでした! ミニハンバーグは自家製のデミソースでしっかり煮込んでいて、しっかりとした味わいが疲れたカラダにしみる〜とのこと。

そして、私は、、、、

こちらをオーダー! お腹を鳴らして待っていると、熱々のホワイトソースをまとったマカロニ入り海老グラタンが運ばれてきました。「お昼は絶対グラタン!」な日だった私♡ 見てください! パン粉の焦げ目が絶妙でしょ? とろ〜りアッツアツをハフハフしながら、今日も横浜の下町で口福な時間を過ごしましたとさ。

昭和の雰囲気が色濃く残る、どこか“ただいま”と帰りたくなっちゃうような…そんなあたたかくっておいしい場所を見つけました。「今日はカツレツ! 何がなんでも譲れない!! 」そんなモードの日は、この店の扉を開けてみてください。お父さん、お母さんが笑顔で迎えてくれますよ。

ミツワグリル

昭和28年創業、今もなお横浜・日ノ出町で昔ながらの洋食を提供し続けるミツワグリル。ハンバーグにビーフシチュー、海老フライ、カツレツ、スパゲッティー、グラタンなどメニューも豊富。ランチ時は、ライス・味噌汁のついたAランチ、Bランチ、ヒレカツランチ、さらにミニステーキや牛肉ヤサイ鉄板焼きなども用意されています。昭和のノスタルジックな雰囲気が味わえるお店です。

  • ショップ・スポット名
    ミツワグリル
  • 住所
    横浜市中区日ノ出町1-20
  • 電話
    045-241-0696
  • 営業時間
    11:00〜15:00、17:00〜19:00 水曜休
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
  • 喫煙
  • 予約
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    〜¥999
  • 個室
  • 総座数
    35席
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
    コーヒー、アイスコーヒー、オレンジジュース、コカコーラ、キリンレモン、ビール、酒(一級)、生ビール
  • コース料理
  • 貸切

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 美術鑑賞後、感想はテーブルを囲んで

  • 『パプリカのマリネ』 旬の野菜を楽しむ・2 

  • 想像もつかない味に出合えるかも?月替わりの野菜シフォンケーキ

  • 横浜を楽しむ1日