mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「YAMABIKO」で人気急上昇のシンガーソングライター・NakamuraEmiさん

リアルな言葉が胸に刺さる
大人の女性が贈るメッセージソング

「NIPPONNO ONNNAWO UTAU BEST」をひっさげて、今年1月にメジャーデビューしたNakamuraEmiさん。“デビュー”かつベビーフェイスということもあいまって、かなり若い女性なのかと思いきや、多くの仕事を経験してきた、今年34歳になる大人の女性だ。

こんな日本の女性でありたいという憧れと願い

音楽活動を続けながら、保育士、運送会社の事務員、大手自動車メーカーなど11種類もの職業を経験し、そこで魅力的な人たちにたくさん出会った。その人たちを心に思い描きながら、実際にあった出来事や想いを歌にしている。
「私はすごくネガティブな人間。書き溜めていた悩みが歌詞のベースで、そこから『あの人だったらどんな風に考えるかな』と憧れの人を想像して、前向きな部分が生まれて歌詞になっています。『細やかな心遣いができる、こんな日本の女性でありたい』という自分の憧れと願いが、このタイトルには込められています」

これまでさまざまな経験を歌にしてきたNakamuraさん。今の歌のスタイルができあがったのも、つき合っていた彼の影響なのだという。恋愛のことばかりを歌にしていた頃、彼が聞くHIPHOPの影響を受け、もっと幅広い想いを歌に落とし込むことができるようになったのだそう。そして2012年に「NIPPONNO ONNNAWO UTAU vol.1」を、半年後にはvol.2を立て続けに自主制作でリリース。そして結婚を考え、活動をゆるやかにしようと思っていた矢先に、急展開が訪れた。

「vol.2に収録した『YAMABIKO』の反響がとてもよくて、彼に自分との未来を考えるより、音楽をちゃんと続けて欲しいと言われて別れることになりました。それから3ヶ月くらい何も手がつけられずにいましたが、音楽と改めて向き合うよいきっかけになったのだと思います」
大きな人生の転機を乗り越えて、音楽活動に打ち込んだNakamuraさん。そしてモーション・ブルー・ヨコハマでのワンマンライブで、メジャーデビューを発表した。

「ライブが決まった時には、メジャーデビューをすることになるとはまったく予想もしていませんでした。横浜は子どもの頃から家族や友達とのよい思い出がある場所でしたけれど、これでさらに思い出深い場所になりました」
その日の最高に幸せだった光景を写真のように思い出に残したくて、「七夕」という曲を新しく書き、今回のアルバムに収録した。
「7月7日のライブだったので、ズバリ『七夕』です。アルバムには、これまで私を支えてくださった方への感謝や、初めて私の歌を聞いてくださる方への挨拶の気持ちも込めて新曲も入っています。応援してくれる方のおかげでここまで来ることができました。これからも誰かのそばに寄り添って、この曲で少しでも『頑張ろう』と思ってくださる方がいたらうれしいです」

————————————————————-


◆ もっともっと! 知りたい!NakamuraEmiさんのコト

●性格をひとことで表すと?
ネガティブ

●小さいころのあだ名は?
なかえみ

●ストレス解消法は?
猫に顔をうずめる。猫に話しかける。

●自分を動物に例えると?
顔は犬、正確は猫

●しいて言うなら自分は何オタク?
文房具、特にえんぴつ

●恋愛では肉食系?草食系?
草食系

●異性のフェチポイントは?
足首

●アーティストになって、会えて嬉しかった人は?
森山良子さん

●旅行したい場所は?
ハワイ

●死ぬ直前に食べたいものは?
寿司

●好きな寿司ネタは?
うに、いくら、えんがわ

●好きなおにぎりの具は?

しゃけ

●最近のマイブームは
バッティングセンター

●隠れた特技は?
ガムを口の中で消せる!飲み込むか溶けるまで噛むのでティッシュいらず。笑

●人生の格言は?
精進

●横浜で一番好きな場所は?
赤レンガ倉庫

————————————————————-

【Profile】
1982年生まれ、神奈川県厚木市出身。短大時代に勢いでバンドを組んだことがきっかけで音楽の世界に。07年、J-POPの緩やかで切ないメロディーを唄う「中村絵美」としてアーティスト活動を開始。11年にHIPHOP、Reggae、JAZZなどに影響を受けて「NakamuraEmi」として新たな活動をスタートする。今年1月、メジャーデビューアルバムをリリースし、高い注目を浴びる。

【INFORMATION】

「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」(日本コロムビア)¥2,916
収録曲の「YAMABIKO」が、全国のFM/AMラジオなど53局でパワープレイを獲得。5月に東京・代官山で行われるワンマンライブのチケットはSold Outとなった。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 世界の文化を「人形」の視点から見て、気軽に楽しむ。

  • ぐるぐるライン、これどうなってるの? その答えは…!!!!

  • おいしくて、からだにやさしい「野草茶」のこと。

  • MARK IS みなとみらいに2店舗がNEW OPEN