mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

クラシカルな香りに包まれて、ユニークなカフェを

日本新聞博物館や放送ライブラリーが入る複合施設「横浜情報文化センター」。昭和4年に建てられたクラシカルな建物の2階には、建物の雰囲気に馴染んだエレガントなカフェがある。天井高や重厚感のある柱をいかしながら、壁や天井にレリーフを施し、1930年のパリのカフェを再現している。しっとりとした上質な空間で、ちょっとユニークなカフェメニューを楽しんでみた。


気難しいパリの記者たちが気分に合わせて飲めるよう、エスプレッソとフォームミルクを別々にサーブする「記者たちのカフェ」(680円)。たっぷりダブルサイズなので、少しずつ混ぜて好みの濃さを探してみては。6種類のフレーバーが揃う「マカロン」(各220円)はテイクアウトOK。


弁舌軽やかな弁護士にはアドヴォカート(卵のリキュール)を添えた「弁護士たちのカフェ」(680円)。気付けの一杯を欠かさない裁判官にはオレンジリキュールを添えた「裁判官たちのカフェ」(680円)。ユニークとも皮肉ともとれる発想には脱帽するしかない。ちなみに一番人気は、オレンジリキュールの香りが爽やかな「裁判官たちのカフェ」だそう。


店内の雰囲気にマッチする、クラシカルなフォルムのエスプレッソマシーン。イタリアで1世紀以上の伝統を持つメーカーのもので、上部でカップを温められるなど実用性にも優れている。

カフェドゥラプレス

横浜情報文化センター2階にあるカフェ。クラシック建築の重みある雰囲気を生かした店内は、まるでヨーロッパのよう。窓からの銀杏並木や神奈川県庁舎の眺めも素敵です。朝から夜まで営業しているので、休日にゆっくり遅い朝食を取ったり、ランチプレートでビジネスランチをすませたり、お茶を飲んだり、ワインとともにフレンチベースの料理を堪能したり…。1日のいつでも受け入れてくれる、頼れる存在のカフェ。

  • ショップ・スポット名
    カフェドゥラプレス
  • 住所
    横浜市中区日本大通11
  • 電話
    045-222-3348
  • 営業時間
    10:00〜21:00
  • クレジットカード
  • 駐車場
    あり・有料(横浜情報文化センター駐車場)
  • 喫煙
    不可
  • 予約
  • サービス料・チャージ
    なし
  • 平均利用額
    1000円〜3000円
  • 個室
    なし
  • 総座数
    54席
  • 席種
    眺望席有
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
    あり
  • お子様メニュー
    なし
  • ドリンク
    アルコール有 ノンアルコール有
  • コース料理
    通常はなし
  • 貸切
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 横浜スタンダードを巡る1日

  • キュートな店内は、まるで絵本に潜り込んだかのよう

  • ランチタイムに本場イタリアの味を食べ尽くす贅沢!

  • ひんやり! ふわふわ! メロンパンとアイスが出会ったら !?