mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

立川志らく、桂文治、三遊亭兼好の三つ巴落語会!!

(TOP画像/左から)立川志らく ©山田雅子、桂文治、三遊亭兼好

 

2018年ベイサイド・ポケット寄席、1回目では昨年も登場し大好評を博した立川志らくが再び横須賀でその実力をいかんなく発揮します。近年芸に磨きのかかる11代目桂文治と、明るい芸風で着々とファンを増やす三遊亭兼好が贈る三つ巴落語会。今年もバラエティに富んだ寄席をご堪能ください。

 

ベイサイド・ポケット寄席 三つ巴競演会
[日時]10月7日(日)14:00〜(13:30開場)
[会場]ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(小劇場)
[出演]立川志らく、桂文治、三遊亭兼好
[料金]S席¥3,600、A席¥3,100
[チケット販売]
■電話予約センター:(一般)046-823-9999/(プレミアム倶楽部専用ダイアル)046-823-7999
■WEB:チケット予約はこちらから
■劇場窓口:横須賀芸術劇場1階/サービスセンター内
■横須賀中央駅西口モアーズ1階/モアーズストリート
[TEL]046-823-9999(横須賀芸術劇場チケットセンター)
※未就学児童は入場できません。

横須賀芸術劇場は、横須賀市民の生活を心豊かにする人と文化をつなぐ場として、戦後日本ジャズ発祥の地・EMクラブ(米海軍兵員クラブ)の跡地に平成6年(1994年)2月にオープンしました。EMクラブは戦後日本のジャズ発祥の地であり、終戦直後からルイ・アームストロングなど世界的なエンターテイナーが度々演奏に訪れました。また、ジョージ川口、原信夫など後年わが国を代表するミュージシャンたちが熱い演奏を繰り広げるなど、全国に本場アメリカの香りの音楽を発信していました。

大劇場(よこすか芸術劇場)と小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)の2つの異なる顔を持つ劇場からなり、オープン以来、国内外の有数のオペラやバレエ、クラシック音楽など数多くの公演を行い、活力のある横須賀のシンボルとして<芸術文化と賑ぎわい>の拠点となっています。

  • ショップ・スポット名
    横須賀芸術劇場
  • 住所
    神奈川県横須賀市本町3-27
  • 電話
    046-828-1600
  • 営業時間
    【休館日】毎月第2水曜日、および年末年始
  • 駐車場
    有(有料地下駐車場〈ベイスクエア・パーキング〉) ※地下駐車場は一般駐車場のため、曜日・時間帯によっては、大変混雑します。特に車高1.7mを超える車は駐車できない場合もありますので、ご注意ください。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • パイプオルガン“ルーシー”と過ごすクリスマスコンサート!

    開催期間:2018.12.20
  • 上野水香によるプロデュースバレエ・ガラ第2弾!!

    開催期間:2018.11.17
  • 柳原良平が愛した、港・横浜港の船の作品を特集展示!

    開催期間:2018.07.16〜2018.12.24
  • 白井晃×長塚圭史のタッグが、ディストピア小説の舞台化に挑む!

    開催期間:2018.09.28〜2018.10.14