mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

世界最高峰のフラメンコ・ギタリスト、カニサレスが再来演!

 

「スペインのクラシック曲に眠る民族魂を解き放つギター・アレンジ」「二つのジャンルの垣根を越えた、ただひとりの表現者」といわれるカニサレス。彼は、フラメンコ・ギターの神 パコ・デ・ルシアの真の後継者であり、名門ベルリン・フィルとも共演した世界最高峰のフラメンコ・ギタリストです。今回は新メンバーを加えた強力なクインテットを率いて再来演が決定。聴く者の魂を揺さぶる圧巻のステージをどうぞお見逃しなく!

 

 

カニサレス・フラメンコ・クインテット
[日時]9月23日(日・祝)15:00〜(14:30開場)
[会場]よこすか芸術劇場(大劇場)
[出演]ファン・マヌエル・カニサレス(フラメンコ・ギター)、ファン・カルロス・ゴメス(セカンド・ギター)、ホセ・アンヘル・カルモナ(カンテ、マンドラ、パルマ)、アンヘル・ムチョス(バイレ、カホン、パルマ)、チャロ・エスピーノ(バイレ、カスタネット、パルマ)
[料金]S席¥5,500、A席¥4,500
[チケット販売]
■電話予約センター:(一般)046-823-9999/(プレミアム倶楽部専用ダイアル)046-823-7999
■WEB:チケット予約はこちらから
■劇場窓口:横須賀芸術劇場1階/サービスセンター内
■横須賀中央駅西口モアーズ1階/モアーズストリート
[TEL]046-823-9999(横須賀芸術劇場チケットセンター)
※未就学児童は入場できません。

横須賀芸術劇場は、横須賀市民の生活を心豊かにする人と文化をつなぐ場として、戦後日本ジャズ発祥の地・EMクラブ(米海軍兵員クラブ)の跡地に平成6年(1994年)2月にオープンしました。EMクラブは戦後日本のジャズ発祥の地であり、終戦直後からルイ・アームストロングなど世界的なエンターテイナーが度々演奏に訪れました。また、ジョージ川口、原信夫など後年わが国を代表するミュージシャンたちが熱い演奏を繰り広げるなど、全国に本場アメリカの香りの音楽を発信していました。

大劇場(よこすか芸術劇場)と小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)の2つの異なる顔を持つ劇場からなり、オープン以来、国内外の有数のオペラやバレエ、クラシック音楽など数多くの公演を行い、活力のある横須賀のシンボルとして<芸術文化と賑ぎわい>の拠点となっています。

  • ショップ・スポット名
    横須賀芸術劇場
  • 住所
    神奈川県横須賀市本町3-27
  • 電話
    046-828-1600
  • 営業時間
    【休館日】毎月第2水曜日、および年末年始
  • 駐車場
    有(有料地下駐車場〈ベイスクエア・パーキング〉) ※地下駐車場は一般駐車場のため、曜日・時間帯によっては、大変混雑します。特に車高1.7mを超える車は駐車できない場合もありますので、ご注意ください。
  • URL

このスポットの記事