mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

どこにいるかな?!枝と見まちがえる「ミゾゴイ」を探してね

数が激減していると言われる絶滅危惧種。
春に日本へ渡ってくる夏鳥で、秋になると越冬のため東南アジアの暖かい地域へ戻ります。

危険が迫ると首を伸ばし、木の枝のように擬態をします。
硬直しほとんど動かず、木にそっくりなので敵に気づかれません。

ミゾゴイ
■分類:コウノトリ目サギ科
■生息地:日本、東アジアの一部
■エサ:サワガニ、両生類、ミミズ類、昆虫類など
■体長:30〜40cm
■体重:400〜500g前後
■展示数:オス1羽

Qさてここでクイズです!
ミゾゴイがもっとも繁殖する国はどこでしょう?

・・・正解は、ここ「日本」です!
春になると日本に渡ってきて繁殖します。神奈川県でも繁殖の記録があります。

2015年4月には、新しく屋内休憩所がひだまり広場にオープンし!
約60名のお客様が休める広いスペースで、バラエティ豊富な軽飲食も販売。

野毛山動物園へ遊びに行った際は、ぜひ立ち寄ってみてね♪

野毛山動物園
[入園料]無料
[時間]9:30〜16:30 (最終入園16:00まで)
[休園日]月曜日(祝日の場合は翌日)
[TEL]045-231-1307

野毛山動物園

野毛山動物園は現在、「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園 小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」をコンセプトとして、”動物への理解を深めていただく入り口”として役割を担っております。

  • ショップ・スポット名
    野毛山動物園
  • 住所
    横浜市西区老松町63-10
  • 電話
    045-231-1307
  • 営業時間
    午前9時30分から午後4時30分(入園は午後4時まで) 定休日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日〜1月1日 ※5・10月は無休です。
  • URL

マップ

関連記事

  • 楽しく防災・減災を学べる!横浜市民防災センターへ行ってきました

  • メイクはやっぱり目元勝負! マツエクをする

  • ドコモ利用者は、携帯の電池が切れたら真っ先にココへ!

  • 横浜市神奈川区 Craft workの手作り家具