mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ジャズの巨匠たちの作品に独自の視点から斬り込むトーク&ライブ

 

今注目の詩人 寳玉義彦(ほうぎょくよしひこ)がナビゲーターをつとめ、気鋭の女性ジャズ・フルート奏者のMiya(みや)が、毎回ジャズの巨匠たちの作品に、独自の視点から斬り込む、話題のトーク&ライブ 。毎回1人のジャズマスター(巨匠)を取り上げ、トークとフルートのソロ演奏で音楽と彼らが活躍した時代を深掘りします。

横浜編、2018年は「メンターとイノベーター」をテーマに開催しています。10月のS.O.Jでは、マルチホーンプレイヤー「エリック・ドルフィー」を紹介します。それまでクラシックで使用される事がほとんどだったバスクラリネットをジャズに持ち込んだ最初の重要な演奏者であり、本格的なジャズフルートソリストとして、後のジャズに多大な影響を与えた、ドルフィーの生き様に迫ります。どなたさまもお気軽におでかけください!

 

 

A Story of Jazz in Yokohama ~Eric Dolphy
[日時]10月19日(金)19:30〜(19:00開場)
[会場]大倉山記念館 第5集会室
[出演]Miya (Flute) 、寳玉義彦(ナビゲーター)
[料金]前売¥2,000、当日¥2,500
[主催]チームカノン
[TEL]03-6427-9156(チームカノン)
*公式サイトはこちら!!

実業家で後に東洋大学学長を務めた大倉邦彦(1882-1971)により昭和7年(1932)「大倉精神文化研究所」の本館として創建されました。昭和56年(1981)横浜市が寄贈を受け、大改修のうえ建物の保存を図るとともに、昭和59年(1984)横浜市大倉山記念館として生まれ変わり、平成3年(1991)には横浜市指定有形文化財に指定されました。開館以来、1万人以上の入場者を集める「大倉山秋の芸術祭」、こどもの日にちなんだ「こどもフェスティバル」、12月の「小さな丘のメリークリスマス」、など地域に密着した催し物が多数行われる文化施設として市民に親しまれています。また、ギリシャ神殿様式のピロティー、昭和初期の雰囲気を残す第5集会室、神社建築の木組みを取り入れたホール、エントランスなど、映画やテレビのロケ地としても数多く活用されています。

  • ショップ・スポット名
    大倉山記念館
  • 住所
    神奈川県横浜市港北区大倉山2-10−1
  • 電話
    045-544-1881
  • 営業時間
    9:00〜22:00(利用申込受付時間9:00〜21:00)
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 大正期の童話童謡雑誌『赤い鳥』創刊100年記念イベント

    開催期間:2018.09.23
  • デコパージュを学び「クリスマスに飾るタイルの壁掛け」を作ろう

    開催期間:2018.11.03
  • カラーテープを使ってハルネのかべに小田原の海をかこう!

    開催期間:2018.09.29
  • 横浜の歴史を紹介する2施設で、「戊辰」の年の横浜の実態に迫る!

    開催期間:2018.07.21〜2018.10.28