mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

フェルメール全37点の複製画で、350年前の謎を解く!!

(TOP画像)《真珠の耳飾りの少女》1665年 マウリッツハイス美術館蔵

 

そごう美術館では、9月2日(日)まで「フェルメール 光の王国展2018」を開催中。「フェルメール全37点のリ・クリエイト(複製画)で350年前の謎を解く」と副題の付いた展覧会で、フェルメール作と認識されている全37作品を、フェルメールが描いた当時の色彩を求め、原寸大で鮮やかに再現。最新の印刷技術が可能にしたフェルメール絵画の展示です。17世紀オランダ・デルフトの社会や絵画事情、フェルメールが画家となった背景、フェルメールの画業を知る豊富な資料をわかりやすく展示。絵画《手紙を書く女と召使い》を再現した部屋で記念写真も撮影いただけます。

 

見どころはココ!!
●オランダ、フランス、アメリカなど世界中に散らばりすべてを一堂に見ることができないフェルメールの全作品37点をリ・クリエイトによって体験することができる展覧会。
●リ・クリエイトとは、単なる複製や模倣ではない文字通り再・創造。フェルメールの世界観・生命観を最新のデジタル技術によって再現。
●サイズも額も実際の作品を忠実に再現。
●作品を読み解くポイントを子どもにもわかりやすく解説。
●フェルメールの生涯を知るわかりやすい資料。
●絵画《手紙を書く女と召使い》を再現した部屋で記念写真を撮影可能。
●フェルメールが描いた楽器(ヴァージナル、リュートなど)の展示。

 

フェルメール 光の王国展2018
フェルメール全37点のリ・クリエイト(複製画)で350年前の謎を解く
[日時]7月28日(土)~9月2日(日)10:00~20:00(最終入場は19:30)
※会期中無休
[会場]そごう美術館
[料金]大人¥1,000、大学・高校生¥800、中学生以下無料
[TEL]045-465-5515(そごう美術館)
※詳細や関連イベント情報はそごう美術館の特設ページをご覧ください。

関連記事

  • 奄美の自然を色鮮やかに。孤高の画家、田中一村の世界

    開催期間:2018.04.06〜2018.09.24
  • Rêve noir=黒の夢、黒い版画のインクから生まれる物語

    開催期間:2018.09.11〜2018.09.26
  • モネだけじゃない!! 横浜美術館のコレクション展にも注目

    開催期間:2018.07.14〜2018.12.16
  • 竹馬、双六、凧、カルタ…ずっと身近にあった「うま」のおもちゃたち

    開催期間:2018.06.30〜2018.09.30