mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

震災復興から戦後復興まで。横浜の市民・家族の歩みを紹介

(TOP画像)女学校時代 1943(昭和18)年 横浜市史資料室所蔵

 

横浜市史資料室は、開室以来10年目を迎えました。横浜市史Ⅱ編集時に収集した資料に加えて、この10年の間に多くの新たな資料が市民から寄せられました。それらの資料に含まれる家族のアルバムと写真に注目し、震災復興から戦争をはさんだ戦後復興までの、横浜の市民・家族の歩みを紹介します。

 

 

横浜の昭和を生きた人びと-家族と歩んだ戦前~戦後
[日時]7月14日(土)〜9月17日(月・祝)9:30〜17:00
[会場]横浜市中央図書館 B1Fホール前ホワイエ
[休館日]8月20日(月)
[料金]無料
[主催]横浜市史資料室
[TEL]045-251-3260(横浜市史資料室)

横浜市史資料室は、横浜市に関する、関東大震災の復興期から現代までの資料を所蔵・収集・公開している機関です。所蔵資料は、『横浜市史Ⅱ』編集のため収集した資料を基礎に、新規に資料を収集し、公開を行っています。また、横浜市の歴史的公文書を保存・公開する公文書館機能も担っています。

  • ショップ・スポット名
    横浜市史資料室
  • 住所
    横浜市西区老松町1 横浜市中央図書館B1F
  • 電話
    045-251-3260
  • 営業時間
    【開室時間】9:30〜17:00、【書庫内資料閲覧申請受付時間】9:30〜16:30、【休室日】横浜市中央図書館の休館日(http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/calendar/)と同じです。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • アーティスト杉山彩のドローイング展が、地元湘南平塚で開催!

    開催期間:2018.08.24〜2018.08.26
  • 油彩、水彩、墨絵にまで変容を遂げる画家・鈴木愛弓の作品を展覧

    開催期間:2018.09.19〜2018.09.29
  • インドネシアの子どもたちが描く、イロトリドリの世界♪

    開催期間:2018.07.14〜2018.07.27
  • 太陽の塔リニューアル記念! 岡本太郎が生んだパブリックアートの世界

    開催期間:2018.07.14〜2018.09.24