mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Rêve noir=黒の夢、黒い版画のインクから生まれる物語

(TOP画像/左)《孤独な潜水士》 ドライポイント 準大賞受賞作品
(TOP画像/右)《世界幻想商会》 ドライポイント 部分着彩

 

この度f.e.i art gallery では、姉妹画廊であるFEI ART MUSEUM YOKOHAMA にて「アートをもっと身近なものへ!」をコンセプトに国内外を問わず開催される「第6 回FEI PRINT AWARD」の準大賞者である竹崎陽子氏による「-Rêve noir-」を開催いたします。

竹崎は作品について「独自の幻想世界で愛と勇気を表現したい」と語ります。Rêve noir はフランス語で直訳すると「黒の夢」。受賞作品の原題にフランス語が入っている事もあり、 展覧タイトルとしたと話す竹崎が描く世界は黒い版画のインクから物語性のある題材をモチーフにする事で鑑賞者に想像力をかき立ててくれます。竹崎独自の幻想作品世界をぜひ、ご覧ください。

 


《Eのサーカス》 ドライポイント 部分着彩

 

 

第6回 FEI PRINT AWARD準大賞者
竹崎陽子 – Rêve noir –
[日時]9月11日(火)〜26日(水)10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
[会場]f.e.i art gallery
[休廊日]土・日・祝
[出展者]竹崎陽子
[料金]無料
[主催]f.e.i art gallery
[TEL]045-325-0081(f.e.i art gallery)
[URL]http://www.f-e-i.jp/

横浜西口から徒歩7分、横浜ベイシェラトンの脇を入り、巨大な彫刻たちが出迎える「彫刻通り」の参道を抜けると、右に見える深作眼科ビル、その1Fにフェイアートギャラリーはあります。ギャラリーの母体は眼科であり、オーナーは深作眼科院長の深作秀春氏。オーナーの「美は目と心の栄養 見える歓びと感動を皆で共有したい」との想いで設立されました。

年間12〜13回の企画展示を行い、普段、美術が身近にない方にも楽しんでいただけるよう、さまざまなジャンルの作品展示を心掛け、心豊かな生活をサポート。

  • ショップ・スポット名
    f.e.i art gallery
  • 住所
    横浜市西区楠町5-1 深作眼科ビル1F
  • 電話
    045-325-0081
  • 営業時間
    10:00〜19:00(月ー金) 【休廊日】土・日曜日、祝日

このスポットの記事

関連記事

  • 船を愛したイラストレーター、柳原良平の世界が広がる!

  • 【18】非日常の空間でアートを「観る」

  • 柳原良平が愛した、港・横浜港の船の作品を特集展示!

    開催期間:2018.07.16〜2018.12.24
  • ガブリエル・デルポンテと湘南ゆかりのアーティストたち

    開催期間:2018.07.07〜2018.08.26