mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

横浜ユーラシア文化館でバリ伝統衣装コレクション、日本初公開!!

(TOP画像/左)バリの婚礼衣装 Balinese wedding costumes

 

日本・インドネシア国交樹立60周年を迎えた2018年、横浜ユーラシア文化館では「バリを抱きしめて ―暮らして集めた伝統衣装―」を開催いたします。

バリといえば、青い海と空のあるリゾート地をイメージされる方が多いと思いますが、観光客で賑わう場所がある一方で、その地に暮らす人々がバリ・ヒンドゥーの教えに基づいた儀礼と共に毎日を営んでいることはあまり知られていません。

初公開いたします武居郁子氏のコレクションは、武居氏がバリで暮らした約20年の中で村々を歩き、人々との信頼関係を築いて、各地で集められた貴重な伝統衣装の数々です。印金(いんきん)、紋織(もんおり)、絣織(かすりおり)で仕立てられた色鮮やかな手織物や、金色に輝く多種多様な装身具は、儀礼の際にバリの人々が身につけていたものです。そして、布は聖なる力をもつと考えられ、大切に扱われてきました。

今回の展覧会では、婚礼や葬儀など様々な儀式で使われる伝統衣装を、現地の写真や映像も交えてご紹介します。今年の夏は横浜で、バリ伝統衣装の旅にでかけませんか。

 

武居郁子氏プロフィール
兵庫県生まれ。バリ伝統衣装研究家。インドネシア語通訳講師。バリ在住歴約20年。伝統衣装着付け師のインドネシア国家資格を外国人で初めて取得する。数年をかけて各村に滞在し調査を行い、各地の伝統衣装を収集する。インドネシアの伝統文化に造詣が深く、自らもバリ舞踊、ガムラン楽器演奏を習得。以来、バリ伝統衣装を紹介しつつ日本とインドネシア両国の文化交流に努めている。

 

展覧会の見どころはココ!!
①バリ島各地の婚礼衣装が集合!
バリ島の面積は愛媛県とほぼ同じ。決して大きいとは言えない島内では、各地域で婚礼衣装が異なり、身分によって身につける織物や装身具、そして着付けまでもが決まっています。展示では、7ヶ所の婚礼衣装と2ヶ所の伝統衣装を紹介します。バリ島の婚礼衣装が一堂に会することは大変珍しいことです。

②豪華絢爛な手織物
バリ島の手織物として有名なのは絣(かすり)で、インドネシアの織物のうちの一つとしてよく紹介されます。しかし、印金や紋織など古くから続く技法で製作された様々な織物がバリにあることはあまり知られていません。本展では、初公開となる色鮮やかなバリの手織物約80点を展示します。さらに儀礼には欠かせない煌びやかな装身具も合わせて紹介します。

③神秘的な儀礼で身につける伝統衣装を展示!
バリ島東部に住む、バリアガと呼ばれる先住民は、独自の暦と宗教、風習を守りながら暮らしています。村に平和と繁栄を招くために行われる儀式では、人々は衣装として特別な布をまといます。年に一度の開催のため、私たちが目にする機会はほとんどありません。今回、バリアガの人々が住むテゥンガナン村、ボンガヤ村、アサック村の貴重な伝統衣装を、儀式の映像を交えてご紹介します。

 

日本インドネシア国交樹立60周年
横浜ユーラシア文化館開館15周年記念展
バリを抱きしめて ―暮らして集めた伝統衣装―
[日時]7月14日(土)〜9月24日(月)9:30〜17:00(券売は16:30まで)
※8/11(土・祝)、9/21(金)は19:00まで開館時間を延長します(売は18:30まで)。
[会場]横浜ユーラシア文化館 3F企画展示室
[休館日]月曜日 ※但し、9/17(月)・24(月)は開館。翌日9/18(火)・25(火)は開館いたします。
[料金]一般¥300、小・中学生¥150
[主催]横浜ユーラシア文化館
[TEL]045-663-2424(横浜ユーラシア文化館)

 

関連イベントもチェック!!
■ギャラリートーク
[日時]各回30分程度
8月19日(日)14:00〜〈担当学芸員〉
8月26日(日)11:00〜〈武居郁子氏〉
9月2日(日)14:00〜〈担当学芸員〉
9月16日(日)14:00〜〈武居郁子氏〉
9月21日(金)18:00〜〈担当学芸員〉
[料金]企画展観覧料のみ

■スライドレクチャー
スライドを使っての講座を行った後に、展示室で資料を見ながらの解説があります。
[日時]8月25日(土)14:00~(1時間半程度)
[会場]1Fギャラリー
[講師]武居郁子氏
[定員]定員50名(申込不要、先着順)
[料金]¥500(予定)*左記のほかに展示観覧料が必要です。

■舞踊ワークショップ「バリダンスを踊ってみよう!」
[日時]8月26日(日)14:00~(1時間程度)
[会場]情文プラザ(横浜ユーラシア文化館隣りの横浜情報文化センター1F)
[講師]武居郁子氏
[定員]50名(申込多数の場合は抽選)
[料金]¥1,000
[申込方法]往復はがき、または当館ウェッブサイトからお申込ください。1通につき2名様まで。2名でお申し込みのかたは、ご用件欄にご同伴者のお名前(フリガナ)もご記入ください。 ※EAハマ発カード会員の方は、優先的に受付けますので会員番号をお書き添えください。
《往復はがき》
受講人数、氏名(フリガナ)、住所、電話番号、年齢をご記入の上、下記宛先までお送り下さい。
【宛先】〒231-0021 横浜市中区日本大通12横浜ユーラシア文化館「舞踊ワークショップ」係
《メール》
お申し込みフォームの空欄すべてにご記入の上、ご用件欄に「舞踊ワークショップ」参加ご希望の旨を明記してご送信ください。締め切り後メールにてご連絡いたします。http://www.eurasia.city.yokohama.jp/index.html
[締切]8月14日(火)必着

■ワークショップ「バリの衣装を着てみよう! ガムランを体験!」
[日時]企画展会期中の土・日・祝に開催
[会場]1F図書コーナー
[料金]無料

2003年3月に開館。東洋学者、江上波夫氏が横浜市に寄贈した考古・歴史・美術・民族資料約2,500点、文献資料25,000点を収蔵するミュージアムです。ユーラシア各地の文化を、「砂漠と草原」「色と形」「技」「装う」「伝える」「交流」のコーナーに分けて展示。
【入館料】一般¥200、小・中学生¥100
※特別展・企画展開催中は料金が変更になる場合があります。

  • ショップ・スポット名
    横浜ユーラシア文化館
  • 住所
    横浜市中区日本大通12
  • 電話
    045-663-2424
  • 営業時間
    9:30〜17:00(発券は16:30まで) ※2015年4月1日〜2016年3月31日まで、平日水曜日は19:00まで開館時間を延長(発券は18:30まで)。 【休館日】月曜日(月曜日が祝日の場合は次の平日)、年末年始(12月28日〜1月3日)ほか。

関連記事

  • まったり〜ほのぼの〜アニメ『おじゃる丸』の体験型展覧会へ

    開催期間:2018.06.29〜2018.09.09
  • 吹奏楽演奏会in日本丸メモリアルパークアリーナステージ

    開催期間:2018.05.27〜2018.11.03
  • チャイコフスキー、夢の3大バレエ豪華名場面集!!

    開催期間:2018.08.24
  • 「アイーダ」の圧倒的な舞台をハイビジョン映像で上映

    開催期間:2018.08.25