mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

横浜美術館レクチャーホールでショートフィルムを上映!

今年20周年を迎えた、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)は、8月17日(金)から19日(日)までSSFF & ASIA 2018 in YOKOHAMAを横浜美術館レクチャーホールにて開催いたします!
2019年のアカデミー賞短編実写部門へのノミネート対象となっている、今年の映画祭グランプリ:ジョージ・ルーカスアワードを含む受賞作品のほか、親子で楽しめるキッズプログラム、戦争と生きる力プログラム、横浜市消防局と映画祭が製作した防災ショートフィルムなど、計4プログラム、39作品を上映します。
また、日本最大級のダンスフェスティバル Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018との3回目となるコラボレーションでは、ダンスをテーマにしたショートフィルムの特別プログラム上映のほか、特別ゲストを迎えたトークイベントを開催します。

横浜美術館レクチャーホールでショートフィルムが観られる貴重な機会です!
トークイベント以外は全プログラム無料になりますので、ショートフィルムを観たことがない方にもおすすめです。

「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018 in 横浜」
■開催期間:2018年8月17日(金)~2018年8月19日(日)
■会 場:横浜美術館 レクチャーホール
■鑑賞料金:無料(一部有料イベントあり 1000 円)
※有料イベントについてのチケット購入はこちらから
■主 催:ショートショート実行委員会 / 共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
■公式サイト:http://www.shortshorts.org/2018/yokohama/
■お問い合わせ:look@shortshorts.org


【Dance Dance Dance @ YOKOHAMAコラボレーション企画: ダンスプログラム上映作品(抜粋)】
❚ダンス(Night Dancing)
監督:Barney Cokeliss/6:00/イギリス/ドラマ/2016

毎晩、ボブは窓の外で踊っている女性を目にする。はたして彼女は現実なのか、それともボブの妄想の世界の住人なのか?夢と現実の境目が少しずつ薄れてきてしまう…

❚キルオフ -ダンスで相手を打ち負かせ!-(Kill Off)
監督:Genevieve Clay-Smith/14:46/オーストラリア/コメディ/2016


クランプダンスが好きなソニアは高圧的な姉エマから逃げるため新しい仕事を始めたくて仕方ない。癌を患っている母の代わりに家族を支えているエマは、ソニアのダンスへの情熱やギャングみたいな態度はただのトラブルのもととしか考えていなかった。


【SSFF & ASIS 2018 in YOKOHAMA上映プログラム】
受賞プログラム:各部門優秀賞をはじめとしたアワードを獲得した作品を集めました。 (下記は抜粋して紹介)
★SSFF & ASIA 2018 グランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」受賞作品
★アジア インターナショナル部門 優秀賞 (東京都知事賞)
❚カトンプールでの最後の日(Benjamin‘s Last Day At Katong Swimming Complex)
監督:イーウェイ・チャイ/15:19/シンガポール/ドラマ/2017


幼少期に通っていたカトン地区のプールが解体されることを聞きつけたベンジャミンは、過去に感じた魔法のような時間を取り戻そうと願いながらプールへ向かう。
【受賞・上映歴】
シンガポール国際映画祭2017(シンガポール)- オフィシャルセレクション、
シンガポールパノラマ部門

★SSFF & ASIA 2018 地球を救え!部門 supported by リンレイ J-WAVEアワード
❚シロクマとグリズリー(Poles Apart)
監督:パロマ・バエサ/11:52/イギリス/アニメーション/2017


地球温暖化のさなか、タフなシロクマの女の子ナヌクと、グリズリーの男の子アクラクは
出会う。アクラクは友達なのか、食料なのか?お腹が空いているナヌクの決断はいかに?
【受賞・上映歴】
英国アカデミー賞(イギリス)、アニー賞(アメリカ)、エジンバラ国際映画祭(イギリス)


【戦争と生きる力プログラム supported by 赤十字 (2プログラム全13作品上映/以下は抜粋して紹介)】
❚緊急事態(A State Of Emergency)
監督:Tarek Röhlinger/12:00/ドイツ、フランス/ドラマ/2016

パリのある重要ビル近辺を守る兵隊2人の日常を描いた作品。兵士オマールは都市の日常的な出来事とテロの脅威を判別できなくなり、正常と異常である事の判断の境目が消えていく。
【受賞・上映歴】
プリマス映画祭2017(イギリス)-観客賞
トリニティ国際映画祭2017(アメリカ)-最優秀監督賞
ブカレストショートカットCinefest2017(ルーマニア)
ドレスデン映画祭 2017(ドイツ)

❚1945年3月、東京(March 1945, Tokyo)
監督:田中淳/5:50/日本/アニメーション/2018

1945年の東京の下町で、亡くなった妻の写真と共に暮らしている老人がいた。ある夜、激しい空襲に見舞われた老人は、近所の子供を助ける代償に妻の写真を手放してしまう。
監督は神奈川県出身。カリフォルニア州立大学フラトン校映画学部卒。大学時代の作品はゴールデンナイト・マルタ国際映画祭にて上映された。


【キッズプログラム (1プログラム全10作品上映/以下は抜粋して紹介)】
❚映画の妖精 フィルとムー(FILL and MOO)
監督:秦俊子/08:00/日本/アニメーション/2017

廃墟でひとりぼっちで暮らしている映画の妖精フィル。その表情はどこか寂しげである。
そんなフィルの前に突然映写機が現れ、カタカタと鳴るフィルムロールの音とともに古いフィルム映像が映し出される。突如現れた映画の種のムーによってスクリーンのなかに誘われるフィル。フィルとムーの映画の旅が始まる。
世界の子供たちのために作られた短編クレイアニメーション。
【受賞・上映歴】
2017年東京国際映画祭

❚電車の親子(Two Trams)
監督:Svetlana Andrianova/10:00/ロシア/
アニメーション/2016

路面電車の親子は毎朝、お客さんを乗せるため街に出る。
【受賞・上映歴】
インターフィルム国際短編映画際(ドイツ)
オープンロシアアニメーション映画祭 in Suzdal 2017(ロシア)
-スペシャルプライズ
アヌシー国際アニメーション映画祭(フランス)
ズリーン国際映画祭(チェコ共和国)
-子供向けアニメーション映画部門最優秀作品賞(金のスリッパ賞)
“Ikar”国際アニメーション賞(ロシア)-受賞:最優秀アニメーション賞、
最優秀キャラクター賞、最優秀アートディレクター賞

横浜美術館は近・現代美術の鑑賞と市民の創造活動に寄与し、豊かな市民文化の形成に役立つことを目標に、1989年に開館しました。
国際的な港町、横浜にふさわしい美術館として、1859年の横浜開港以降の美術に焦点をあて、作品の収集に努め、展覧会を開催しています。中でも写真は、日本における写真興隆期における一大拠点のひとつ、横浜ならではの優れたコレクションを形成しています。(撮影:笠木 靖之)

  • ショップ・スポット名
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
  • 電話
    045-221-0300
  • 営業時間
    10:00〜18:00(入館は17:30まで) 木曜および年末年始は閉館
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • サブウェイギャラリーM 陳亮写真展「No Words」展示デザイン松尾祐樹 入場料無料

    開催期間:2018.08.22〜2018.08.26
  • 茅ヶ崎市美術館にあそび心溢れる作品がずらり! その名も「あそび展」

    開催期間:2018.08.11〜2018.09.02
  • 映画ロケ地でも知られる場所、この秋「小田原映画祭」へ行こう

    開催期間:2018.09.08〜2018.09.16
  • 「アイーダ」の圧倒的な舞台をハイビジョン映像で上映

    開催期間:2018.08.25